« そんな24歳もいる | トップページ | 私はこの受け入れ難い事実に立ち向かって行く »

最近あった悲しいこと

あまり多くの人が取り上げている話題は、扱わない主義なのですが、気が晴れないので書こうと思う。
そう、いかりやさんの逝去はこたえました。

▼テンション上がらず

今までなくなった芸能人の中で一番ショックです。
ショックというのも大げさかな、寂しさが胸に響くというか、余韻のような感じでしんみりとした気分になってます。

小学校生時代の土曜日の夜は、やっぱり見てましたから。

でも、なんでしょう。すっかり”いかりや長介”のことなんて忘れてたのに。
亡くなったと聞いたとたんに、こんな気持ちになるなんて。

ただ、変に美化したメディアの報道の仕方は、毎度のことながら嫌気が差します。

●お笑いはつらい

コメディアンが亡くなると、その人が出てるビデオを見ても、いまひとつ笑えないですね。
同情の目で見てしまって。残ったメンバーでコントやっても、最初はどうしても、やる側も見る側も故人を意識した変な空気になるでしょう。

▼胸の奥

中学生になるにつれドリフから”ひょうきん族”を見るようになったのですが、理由は簡単でそっちのほうが面白かったからですね。
ドリフはワンパターン(同じネタの繰り返し)、下品すぎてくだらない、といったことが目につき、おそらくその頃からドリフって、全員集合も特番なども、ほとんど見てないです。

なのに、この気持ちはなんだろう。小学生のときの楽しかった感情が、記憶という具体的なものでなく、”感情”のまま胸の奥に眠っていたのだろうか。

なんとなく自分らしくない今日この頃である。

|

« そんな24歳もいる | トップページ | 私はこの受け入れ難い事実に立ち向かって行く »

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/352188

この記事へのトラックバック一覧です: 最近あった悲しいこと:

« そんな24歳もいる | トップページ | 私はこの受け入れ難い事実に立ち向かって行く »