« 両親への思い | トップページ | 敵を知る »

緩い

アルビレックス新潟 VS 横浜 F・マリノスで弛緩しました。
NHKのBS-HIの中継を見ました。


☆完売しました。

J1 1st 第4節 横浜F・マリノス戦 チケット完売のお知らせ [ 新潟 ]
念願のJ1、相手は昨シーズンのチャンピオンチームということで”完売”ですか、新潟の熱気を感じます。
映し出されたスタジアムはオレンジ一色!

このチーム、危険だと思うんですね。一度勢いがついてしまうと、これだけの声援に後押しされて止まらなくなるんじゃないかと。
J1に上がるまでの段階で、チームとサポーターの一体感はとても強いものになっていると思うんです。


☆クールであれ!

この試合の前半にヒヤリとしたシーンがありました。
山口 素弘がマリノスのペナルティーエリアまで進入して角度のないところから、鋭いシュートを放った。ボールをクロスバーに当たって弾かれ、失点せずに済んだが、非常に危険な香りのするシュートでした。

この山口という男、フランスW杯予選の国立で行なわれた韓国戦で、とても素敵なループシュートを決めています。

また、フリューゲルスの合併が報じられた直後のセレッソ戦では豪快なオーバーヘッドでゴールを決めています。

昔、むかし、フリューゲルス・サポだったので三ツ沢に通っていました。
山口は、中盤で適切に的確にボールを捌き、クールなパスには常に意図が感じられました。また、相棒のサンパイオと交互に前線に飛び出ていき、ゴールを脅かしていました。

昨シーズンはサンパイオも山口もJ2で闘い、そして今シーズンまたJ1に戻ってきた。
個人的に、元フューゲルス勢の選手の活躍はとても気になる。


▼緩い前半

いやー新潟の守備は緩かったですねー。マリノスの攻撃はまずサイドから始まる。
そんなん、バレバレじゃないですか。なのに、まったく容易にクロスを入れさせてくれんだから、大サービスですよ。
前半で3得点です。
上野の交代(腰の負傷による)は残念でした。

▼緩い後半

一転して、後半は新潟ペース。ていうか前半があまりにもスカスカの内容だったので、もう他のことをやりながらで、画面はほとんど見てませんでした。
まあ、マリノスの運動量が落ちたところを、声援に後押しされた新潟が攻め込む時間が長くなったというこです。
そして、後半44分に失点。

うーん、城南一和という強豪と闘って疲労とれないところに、新潟ということで日程としてはラッキーということだった。と、なりますか。

反町監督コメント

後半、連戦の影響か、マリノスさんの足が止まった部分があって

▼あんなことでは城南一和には勝てない。

奥 大介

自信を持って、アグレッシブにいこうと考えていた。清水があれだけ動いてくれるのでスペースができてやりやすかった。ボールも動いてきているし、チームの状態は確実によくなっていると思う。

奥の2得点はよいことだ。やはり、”強い”チームは、2列目の選手の得点が必須ですから。FWはもちろん、2列目の選手も得点できる。これは大事なことです。

しかし、清水。どうしても彼にはゴールが足りません。前線でいい動きをする、それだけのFWはいらない。
昨年のマルキーニョスはよく動き、よく得点した。

ユキヒコも同じく。パスだけである。もっと自らゴールを狙うようなプレーが欲しい。
ハユマに期待したいのだ。

さて、最近の榎本。うーん、ミスが多いと思うのですが。どうも危なっかしい。
一時的なものであればいいのだが。。。


岡ちゃん曰く

最後に気のゆるんだような失点を喫した。あんなことでは城南一和には勝てない。

***

17日、ガンバ戦。出陣決定!

|

« 両親への思い | トップページ | 敵を知る »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

一番いいのは、アン+クボなんですけどね。いきなりその形には持っていけなかった、ということで、ジローなんでしょうけど。

ジュビロの怖さは、みんながゴールを狙ってくるからなんですよ。
ジュビロを超えてほしいと、切に思います。

投稿: フィーゴ2000 | 2004/04/12 09:34

新潟戦、3点差での勝利とはいえ、後半を見ているとなんともいえない感じでしたねぇ。

ジロー、「ゴールが入れば日本代表だ」と岡田監督も言っているぐらいですからね(苦笑
アンや久保を生かすプレーはだいぶ出来ているように思えるのですが、やはり点を取ることと両立していたマルキと比べてしまいますね。

ユキヒコについてですが、今年は去年よりは攻撃・守備ともにアグレッシブに行っているようですが、清水やアンなどサイドに開くFWに押し出されたり、出場機会に恵まれない点など、個人だけの問題でもないようにも感じますね。
(自分も去年まではあまりユキヒコにいい印象をもってませんでした(苦笑))

ハユマにはより積極性を求めたいですね。いい意味でユキヒコとの違いを出して、実力を発揮して欲しいものです。

投稿: nari | 2004/04/12 02:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/422582

この記事へのトラックバック一覧です: 緩い:

» 3:1 [tricolog]
何とか勝てて良かった。 2004 Jリーグ ディビジョン1 リーグ戦 1st Stage 第4節 アルビレックス新潟 VS 横浜 F・マリノス 1 : 3 [続きを読む]

受信: 2004/04/11 23:37

« 両親への思い | トップページ | 敵を知る »