« 怖くないおばけ屋敷 | トップページ | ハイテクマシーン現る »

浮かない顔

しとどに雨降る中、「横浜 F・マリノス VS 東京ヴェルディ1969」を見てきました。

独自路線

FC東京が東京スカパラをゲストに招いてスペシャルライブをやったり、以前は横浜FCが藤原のりかと提携して始球式をやったり、野球でも松田聖子が始球式をやったりと、どこのチームも集客企画に著名人を招きますが、今年のマリノス違う。
CHARですよ。おっさん以上にシルバーな感じです。
社長からユニフォームの贈呈があり、マリノスのテーマソングを作るとの発表もありました。
CHARもえらい仕事を引き受けちまったなという感じじゃないでしょうか。


ピンクのゴール・キーパー

ヴェルディのボール回しはすごい!
前半はほんといい感じでボールまわされてました。3バックの両サイドを狙う動きもありましたが、特にアキがアツの上がりをうまく抑えてました。
ヴェルディは2トップがエムボマ+森本ではありませんでした。
平本+飯尾だったのですが、ナオキと中西の圧勝。

しかし、後半のヴェルディは2トップが替わったことと、先制されていることが影響したのかミスが目立ち、逆に後半に喝を入れられた思われるマリノスのシュートが多くなった。

ヴェルディのGK高木ですが、ユーべのGKブッフォン以来のピンクのユニで、見るたびに違和感を覚えましたが、いくつものファインプレーで、まさに死守していました。
ヴェルディの最終ラインは軽かったのですが、このGKがあたってました。

アルディレス監督(東京V)記者会見コメント [ J's GOAL ]

引き分けの状態ではバランスの取れた試合になっていたと思う。そのバランスの中でマリノスが勝った。マリノスは個人能力が高い選手を揃えた危険なチーム。ヴェルディの選手たちは全てをピッチ上で出し切ってくれた。これ以上、求めることは出来ない。


もっと質を!

印象的だったのは意表をつくヘッドでの先制ゴールを決めた直後のアキの表情。
喜びというよりは、やっと1点とれた、いう渋い顔。
前半終了してベンチに引き上げてる来るときに、しきりに上野と話をしてました。
チームとして思うように機能していなかったのでしょう。

後半からは、特に立ち上がりの早いパス交換からのシュートは圧巻でした。
ただ、ヴェルディのチェックの甘さから、余裕のようなものが感じられてしまいました。まだ1点しかとってないのに。

やはり追加点は1点取られて、尻に火がついてからでした。
しかもロスタイムに。

ドトゥラの低いクロスを9割オウンゴールのような形で逆転ゴール。
(記録上はユキヒコのゴール)
その直後にアンの個人技で追加点と。

けが人はもどってきた。あとは質をクオリティーをあげてくれ!

マリノス公式から
岡田 武史 監督

同点に追いつかれたが、ここからが勝負だと思っていた。1-1になってから、戦術や技術を超え、ウチの選手の勝ちたいという気持ちが相手を上回ったのだろう。

アキ

ヘディングシュートでのゴールはJリーグ初めてです。それ以前にさかのぼっても、ちょっと記憶にはない。アツ(三浦)とのマッチアップとなったが、下がるなという指示を受けていた。後ろのスペースは気になったが、前に行くことを意識していた。お互いにプレーを知っているから、お互いに読み合っていた感じ。ヘディングは相手の頭になかっただろうね(笑)。

|

« 怖くないおばけ屋敷 | トップページ | ハイテクマシーン現る »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/568622

この記事へのトラックバック一覧です: 浮かない顔:

» 3:1 [tricolog]
勝てて良かったぁ! 2004 Jリーグ ディビジョン1 リーグ戦 1st Stage 第9節 横浜 F・マリノス VS 東京ヴェルディ1969 3 : 1 [続きを読む]

受信: 2004/05/11 00:07

» J1 1st 8節(vs 東京V)、3 vs 1 辛勝! [narilog]
横浜Mロスタイム2発の劇的勝利!森本フィーバー封殺 J1第1ステージ第9節(9日、横浜国際総合競技場ほか)横浜Mは東京Vに貫禄勝ち。同点の後半ロスタイムにMF... [続きを読む]

受信: 2004/05/11 03:10

« 怖くないおばけ屋敷 | トップページ | ハイテクマシーン現る »