« ジーコジャパンvギリシャ | トップページ | ギャラクシー・ジズー »

イニャキサエス

ロシアのユニの前側も背番号が丸数字ですね。ナイキのユニはみんなそうなのかもしれない。
観客は6千人がロシアで、2万強がスペイン勢。

モリエンテスが一回り大きく見えるのは気のせいか。

スペインの船出

立ち上がりからガンガンに攻めるスペイン。切れ味鋭いラウールとモリエンテス、中盤からはバラハのスルーパス、そして前線への飛び込み。左サイドのビセンテのドリブル。
これでもかこれでもからクロスがあがり、シュートを浴びせます。

しかし、ロシアの守備陣は最後の決定的な場面でフリーにしません。
スペインの攻めは明らかにハイペースで飛ばし過ぎ。

運動量が落ちてきた30分過ぎから、今度はロシアの反撃。
モストボイのキープ力。ポルトをCL優勝に導いたアレニチェフのドリブル、シュート。
ヒヤリとする場面の連続。


チャンスは多いもの結果的にゴールがないこの状況を変えたのは後半19分のイニャキサエス監督の2人のメンバー交代。
モリエンテスに代えてバレロン、バラハに代えてシャビ・アロンソ!
これがスペインのチーム力ですね。豪華絢爛な交代劇。
バレロンは1枚イエローカードもらってましたし運動量も落ちてました。
モリエンテスは悪くなかったけど、結果が出なかった。
バラハに変わることで、よりワイドな攻撃が期待できる。

そしてその直後、シャビアロンソの中央から右サイドのプジョルへ、ロングパス。
プジョルの攻撃参加に一瞬躊躇したロシアDFを交わしての引くいクロスに、じっくりとコースを狙ったバレロンのゴール!!!!
鮮やかでした。イニャキサエス監督のガッツポーズも鮮やか。交代直後にその二人が生み出したゴールですから。

ただロシアも立派。一方的になることなく、ゴールを狙い。あのスペインの攻撃を1失点で防いだのだから。しかし、その代償は高く、イエローカードもらい過ぎちゃいました。でも、いいチームだと思います。ポルトガルよりは好印象。

絶対に負けられない試合がここにあるんだと、実感しました。

結果は公式で。

|

« ジーコジャパンvギリシャ | トップページ | ギャラクシー・ジズー »

「EURO2004」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/760671

この記事へのトラックバック一覧です: イニャキサエス:

« ジーコジャパンvギリシャ | トップページ | ギャラクシー・ジズー »