« 誰がなんと言おうと | トップページ | 5万人の歓喜と喝采、そして物足りなさ »

決着のつけ方

120分闘った後でのPK戦。こんな決着のつけ方でいいのだろうか?


PKは運?

PK戦を見るたびに思うのだが、あれはサッカーとは別のスポーツだと思うのですよ。
フットサルとかビーチサッカーの類。

試合中のペナルティーキック。これはありだと思いますね。ただPKだけ切り抜いて、得点を争うってのは、特殊すぎると思うのです。11人でプレーしていない、誰も悪いことしていないのにペナルティー?(まあこれは名前だけの問題ですが)
じゃあFK戦でもペナルティーヘディング戦でも、ロングスロー戦でも決着がつけば何でもいいじゃねえかと。

よく”PKは運”と言うがそんなことはないですね。
キッカーから見れば、蹴る順番、シュートの技術、強靭な精神力(あるいは冷静さ)が必要でしょう。
GKからみれば、キッカーの癖を盗んでいること、強靭な精神力(あるいは冷静さ)が、そして両方に”駆け引き”の勝負強さが必要でしょう。

”運”だけでは、片付けられないほどの要素が詰まっていると思います。
ですが!ビックマッチのPK戦の雰囲気の異様さは、選手=1人の人間が背負うには重すぎるほどの重圧と責任がのしかかります。

なんとかもっと本来のサッカーに近い形で終わらす方法はないのでしょうか?


再試合?

120分闘っても勝敗がつかない場合。。。うーん再試合は選手にも、運営側にも見る側にも負担が大きいですね。
再試合が引き分けたらどうすんの?と堂々巡りだし。

CLなどのホーム&アウェイの2試合の総得点で争うルールはよく考えられてるなと思います。特にアウェイゴール2倍とかね。
でもそれでも2試合の総得点が同じならPK戦なんですけど。

Vゴール(ゴールデンゴール)は、いい方法ではないでしょうか?
時間は平等に与えられてるわけで、先にゴールを挙げたほうが勝ち!
ベリーシンプルで、サッカーのルールにもっとも近いので違和感を感じませんが、FIFAがなぜゴールデンゴールを歓迎しないのか、わかりません。
負けたほうの選手が諦めきれない、といことでしょうか。

まあ、Vゴールが入らなかった場合もあるわけで、そうなると、いったいどんな決着のつけ方がいいのか、答えがでません。
ただ、そんな試合はつまらないとしかいいようがないので、コイントスやじゃんけんでもいいのですが。

今思いついたが、先制点を挙げたチームやイエローカードの少ないほうのチーム、なんてどうでしょう。

う。。。スコアレスドローの試合(そんな試合はコイントス・・・)、イエローカード数が同じ場合もありますな。


本日のPK戦

ベッカムとルイコスタが枠の外。
最後はポルトガルのGKリカルドが素手で、ヴァッセルのシュートを止め、そのままGKリカルドがキッカーとなり、PKを決めた。左のサイドネットに強烈なシュートだった。

ポルトガル、激戦を制して4強入り


両チームの監督の試合後のコメントは読み応えあり
【試合後コメント】ポルトガル&イングランド監督・選手


<ルイス・フェリペ・スコラーリ監督>

結果はPKで決まったが、全員が勝つことを目指していたし、PKの練習もしていた。

<GK・リカルド>

最後のPKは非常によかった。自分が蹴るかと聞かれたんで、『イエス』と答えた。

<ズヴェン・ゴラン・エリクソン監督>

全部で120分戦っても決着がつかず、PKに入った。不運にもそのPKを失ってしまい、我々は準決勝に行くことができなくなってしまった。何年か前から今回のイングランドは準決勝に行けると思っていた。

|

« 誰がなんと言おうと | トップページ | 5万人の歓喜と喝采、そして物足りなさ »

「EURO2004」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/841285

この記事へのトラックバック一覧です: 決着のつけ方:

« 誰がなんと言おうと | トップページ | 5万人の歓喜と喝采、そして物足りなさ »