« 知らなかったんだ | トップページ | ああ、ネドベド、ああコッリーナ主審 »

グッドラック! サンパイオ

長い現役生活、おつかれさま。そして、ありがとう。君の活躍と貢献は絶対に忘れない。

三ツ沢に通っていた、あの頃

あの3人のブラジル人が来る前から、わずかだが三ツ沢には観戦に行ったと記憶している。だが、足繁く通うようになったのは、間違いなく、ジーニョ、エバイール、サンパイオの3人がフリューゲルスに移籍してからだった。

最初の年(95年)こそ、振るわなかったが96年からは、黄金時代であった。
確実にサッカーが変った。
ジーニョの巧みなボールコントロールにスルーパス、サンパイオの的確なカバーリングと攻撃参加、エバイールのポストプレーと決定力。
あきらかに、レベルが違った。それに刺激されるように、三浦アツ、前園、山口ら日本人選手が確実にレベルアップしていった。いつの間にかJリーグの上位チームになっていた。
そして、なによりも、楽しかった。

エバイールが移籍したときの記憶はないが、ジーニョは引退セレモニーがあったので鮮明に覚えている。

サンパイオはフリエに残っていたが、チームがなくなってしまった。
横浜の街に出て、署名活動をやってくれたのを覚えている。

フリエの消滅とともに、ブラジルに戻ったがパルメイラスの一員として、トヨタカップで来日した。

来日したときのインタビューがあった。


最後のほうにフリューゲルスについて語っている。
全く更新されていないサイトで、消えてしまうかもしれないので、その部分を丸ごと抜粋。貴重なコメントだ。

#フリューゲルスでは辛いこともあった。だって、98年度Jリーグが終わろうとしている時に、クラブは合併を発表したんだよ。僕たち選手にとってはとてもショッキングなことだった。でも、それを乗り越えて天皇杯を優勝してフリューゲルスの最後を飾ることができた。僕が一番心配したのは、学校を出たばっかりの若手で無名の選手達のことだった。ある日突然職を失った彼らはどうやって生きていけばいいんだい? だから、僕らは天皇杯決勝前は毎日夕食を共にして、もうほとんど家族同然だった。選手同士でまだ次のチームが決まらない選手の世話をしたり。確かにあの横浜フリューゲルスはなくなった。でも、僕らが作り上げた友情、いや、それ以上の信頼関係は永遠のもの、絶対になくならない。僕は今でも電話で彼らと連絡をとって、日本の様子、皆の様子を聞いているんだ。僕と家族はブラジルを出て、日本という未知の国、全く異なった文化、言葉、習慣を持った世界に飛び込んだ。滞在中に日本がフランスW杯に出場したこと、僕がこの大会に出場したことで、娘の幼稚園の友達の家族がブラジルを応援してくれたこと。こんな一つ一つのことが全て忘れられない。これらの日本の人達との友情はサッカーで成し遂げたタイトル以上の人生のタイトルに違いない。トヨタ・カップで日本でもう一度彼らに会えるというのは最高だね。

”僕が一番心配したのは”のくだりなんて、泣かせるじゃないかあ。

2度目の日本で引退

サンパイオの経歴とガッツなコメントがこちらのブログに丁寧にまとめられてます。

「負けた時、奥さんはいつも僕を心配する。僕が寝ないから。
 悔しくて眠れない。だから、帰ってから何度も試合のビデオを見る。何度も何度も。どうして、どうして負けたんだ。そればっかり2日くらいは思ってしまう。切り替えるのも大事。でも大切なのは「次」ではなくて「今日」。今日、勝たないと優勝できない。僕は、優勝しないと住む家すらなかった。服も友達も彼女も手に入らなかった。優勝するには、勝たないといけない」

+++ 最近のサンパイオ +++

下を向く必要はない

【J1-1st:第12節】広島 vs 鹿島:試合後の各選手コメント [ J's GOAL ]

サンパイオ

でも、僕たちも決してやられていたわけではない。下を向く必要はない。ビデオで見て、修正して、練習で確認すればいい。ただ、広島の弱点は、90分同じプレイができないこと。どうしても、集中が欠ける時間がある。そこをなくしていかないといけない。

【J1-1st:第12節】広島 vs 鹿島:試合後のトニーニョ・セレーゾ監督(鹿島)記者会見コメント [ J's GOAL ]

サンパイオの引退については、正直残念だ。この暑さの中で、あんなにもボールをさわっていた。若い選手よりもよく動いていた。まだやれると思う。ただ彼は、経験を生かして、彼にとって正しい判断を下したのだろう。


引退セレモニー、山口が花束を

【J1-1st:第14節】広島 vs 新潟:試合終了後の小野剛監督(広島)記者会見コメント [ J's GOAL ]

サンパイオのことは、一言では語り尽くせない。試合での活躍が素晴らしかったのはもちろん、彼の存在が光ったのは、皆さんに見えない部分。若いチームに本物のプロとはどういうものかを、日々のトレーニングから教えてくれた。苦しい時も立ち向かうスピリットをチームに注ぎ込んでくれた

【J1-1st:第14節】広島 vs 新潟:試合終了後の反町康治監督(新潟)記者会見コメント [ J's GOAL ]

サンパイオは、人間的に本当に素晴らしい。J2の戦いでも、彼の経験が広島の精神的支えとなっていた。年齢的な問題でやめるのだろうが、敬意を表したい。彼とは僕のフリューゲルスの時代と時期がずれてしまい、一緒に戦った経験はない。でも、親近感を持って話してくれて、嬉しかった。彼のこれからの活躍を応援したい

【J1-1st:第14節】広島 vs 新潟:試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]
サンパイオ

若い選手たちに言いたいのは、どんな時でも思い切りやる、ということ。試合や練習だけでなく、生活のすべてをサッカーのために準備してほしい。

山口(新潟)

「試合をやってみて、サンパイオはまだまだ十分にできる、と思った。もし彼がサッカーから離れたとしても、彼とはずっと親友でいたい。日本のサッカーに貢献した偉大な選手が、サンパイオだと思っている」

フリューゲルスでの山口とサンパイオのダブル・ボランチは最高だった。山口がフランスに行けたのはサンパイオのおかげと言ってもいいだろう。

【J1-1st:第14節 広島 vs 新潟レポート】サンパイオのホーム最終戦。[ J's GOAL ]

「磐田戦は、思い切りぶつかる。最初から飛ばして、勝ちに行く」ピッチでいつもサンパイオに怒られ続けた森崎浩司は、強い調子で語った。


ラスト・マッチ

【J1 1st 第15節  磐田 vs 広島】試合後の小野剛監督(広島)記者会見コメント [ J's GOAL ]

--今日で引退するサンパイオ選手にメッセージを。
「昨年、J2からJ1に昇格するための苦しい時期、チームが力を振り絞れたのは彼の貢献が本当に大きかった。多くの方は彼がピッチで戦う姿しか知らないだろうが、チームにはそれ以上の大きなものを残し、根付かせてくれた。最後を飾れず残念だが、彼の残してくれたものをチームの宝にしたい。長い現役生活、お疲れさまでしたと伝えたい」

【J1 1st 第15節】磐田 vs 広島:試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]
私の家族にもありがとう。日本も、この6年半ありがとうございました。


グッドラック!

残念ながら、サンフレ時代のサンパイオの活躍はあまり見ることができなかった。
三ツ沢で、ピンチの場面にいつも君がいて、チームを救ってくれた。
チャンスの場面でも君が現れ、ペナルティエリアに飛び込んでいった。
コーナーキックからのヘディングは、大きな武器だった。

思い出せばきりがない。
よい指導者になって欲しい。
そして、いつかまた日本に来て欲しい。

|

« 知らなかったんだ | トップページ | ああ、ネドベド、ああコッリーナ主審 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

私も サッカーはあまり詳しくないけど フリューゲルスが無くなってしまいそうな時 横浜で日本人選手と一緒に署名活動をしてくれた サンパイオ選手を見て 本当にびっくりしました。 引く手あまたの 現役のブラジル代表が 出稼ぎ先?の 日本の無くなってしまいそうなチームの為に 町に出て 署名活動って・・・
あの時は サンパイオ選手の素晴らしさに 感動しましたが ここを読んで サンパイオ選手が 素晴らしいのは もちろんですがたくさんの日本人が サンパイオ選手に心でつながって 彼と友情を育てていたんだと 改めて嬉しくなりました。ただ 自分を振り返ると 恥ずかしいことですが 昔 転勤で山形県に住んでいたとき 同じマンションに シジクレイ選手と 奥様が 住んでいました。シジクレイ選手は 日本語ができましたので エレベーターが一緒に なったとき 話したりした時があるのですが 彼のすごい若い奥様は いつも 後ろにかくれてて たまに シジクレイ選手が 話すように促しても 恥ずかしそうにしているだけでした。たまに奥様は夕方時々マンション外の駐車場で 一人座ってたりしていたので・・・ そんな時 勇気を出して 話しかけたりしたのですが ??? だったので やっぱりおとなしいのかな~ 私たちが話しかけすぎても・・・と 迷ったりしていて あまり積極的に関わる事もしていなかったけど 後で地元テレビの取材で 奥さんは まるで日本語がわからず たまにブラジルの物を売りに来る トラックが来るときは(真夜中に来たりする) 誰かと話せるので ずっと待っているみたいなことを言っていたので(多分それで 駐車場で待ってた) それなら やっぱり 会ったら声をかけてみようって思ってましたが それからすぐ 我が家も他の町へ転勤 シジクレイ家も 京都に・・・で 突然 終わってしまいました。日本語がわからない上に 山形のように 地元の人が大半で 仲良くなるのに 時間が必要な町で(もちろん 山形の人は冷たいんじゃないですよ~人見知りなんです とっても 人情のまろやかな 温かい町でしたから) だんな様も留守がちで・・・マンション暮らしって やっぱり 寂しくって 心細かったんだって知ったけど 私が消極的だった為に 近くにいたのに つながったり 手助けできなかった事は 後悔しています。ただ あれから何年もたっているけれど 彼らがまだ日本にいると言う事は もしかして 他の町で 良い日本人にめぐり合って 日本が好きになってくれたのかな~と 思ったりもします。 温かい日本人の方 ありがとうです。今は 私も 恥ずかしかったりしても 自分から 声をかけることが できるようになりました。サンパイオ選手の 話から 私の恥ずかしさ克服まで 話は飛びましたが ブラジルの選手には 今でも親近感を感じます。

投稿: ヒコザルママ | 2008/03/17 10:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/869116

この記事へのトラックバック一覧です: グッドラック! サンパイオ:

« 知らなかったんだ | トップページ | ああ、ネドベド、ああコッリーナ主審 »