« ミスキナ | トップページ | サッカーのない週末 »

クールにミスキナ

ローランギャロスで女子テニス決勝が行なわれました。
結果はこちら(SPORTS@NIFTY


クールだったミスキナ、もっとクールだった遠藤愛

いやあ、遠藤愛の解説がナイスでした。
「松井ヒデキのようなデメンティエワとイチローのようなミスキナ」と試合前に言ってましたが、確かにそうです。

試合中には「わずかにミスキナのショットの音のほうがボールに接してる時間が長いのがわかりますか?」なに!
「これはミスキナの方がボールを真で捕らえているからです」と、実況の田中アナが沈黙してしまうほどのコメントがクールでした。


試合前から笑顔が見えたデメンティエワと、まったく笑顔のなかったミスキナ。
試合中も表情をほとんど出さなかったですね、ミスキナは。
デメンティエワは、やりたいことがまったくできず、イライラが顔にもプレーにも表れて、ミスキナは堅い守備、チャンスをものにする決定力とバレンシアのサッカーのように、完璧、でした。

ミスキナが笑顔をみせたのは、試合が終わったときだった。それも控えめに。

ウィナーズ・スピーチも短く、しかし一言一言を力強く、サポートしてくれた方への感謝の気持ちを言っただけでした。

ディメンティエワはこういってました。
「勝てなかったけど、夢はまだ夢のままでいる」(ローランギャロスでの優勝を夢見ていた)
「これが私にとって最後のローランギャロスなのではない」


そういえば、優勝セレモニーでロシアの国旗が国家とともに掲げられました。
これは史上初だそうですが、いかした演出です。

国旗を見つめるミスキナのやや涙ぐんだ目が印象的でした。

「パワー、パワーといわれていた時代から、またテニスはテニスなんだと回帰してきました」by遠藤愛

|

« ミスキナ | トップページ | サッカーのない週末 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/718708

この記事へのトラックバック一覧です: クールにミスキナ:

» '04 全仏 遠藤愛 [▼総長のblog(仮名) Ver.00.02β ▼ 湘南(爆)テニス族]
「パワー、パワーといわれていた時代から、またテニスはテニスなんだと回帰してきました」by遠藤愛 ▼航海中・・・: クールにミスキナ で知りました♪ WOWOW... [続きを読む]

受信: 2004/06/07 15:43

« ミスキナ | トップページ | サッカーのない週末 »