« ああ、ネドベド、ああコッリーナ主審 | トップページ | ルスでフィナーレ »

また、ロシアの華が咲いた

EURO2004でファイナルにギリシャが来るとは思わなかったように、ウィンブルドンでマリア・シャラポワがファイナルに進むなんて!そして、感動のフィナーレ!!


怖いものなどない。私はまだ17歳

天は、ベッカムに二物を与えたように、シャラポワにも二物を与えた。
いや、苦しい試練に耐え、強い精神力を持って、勝ち残った選手のルックスが、たまたま美しいかっただけの話しなんでしょうけど。

TVをつけたとき、美しいシャラポアが映った。セレナとの決勝戦。どう考えてもセレナ優勢のはずが、スコアは逆だった。
アンドロイドのようにきりっとした顔立ちを崩さず、冷静に力強くプレーをするシャラポアに息を呑んだ。

セレナの顔には、悔しさというよりは既に諦めの色が。

優勝が決まった瞬間、崩れるようにコートに座り込み、満面の笑みとガッツポーズ!
そして立ち上がり、観客席の父親を探す。見つけるや否や、観客席に飛び込み、人を掻き分け、階段を上りだす、観客席の父親も懸命に娘に会おうと席を立つ。
周りの観客も父と娘のために席をあけたり、避けたりして、親子の再会に力を貸す。
そして、ついに、17歳のチャンピオンと父の情熱的な抱擁。キスの嵐である。観客からも大きな拍手。

そんな様子をセレナは、椅子に座り温かく見守っていた。


理由

シャラポワに胸騒ぎ…183センチ、59キロ現役女子高生(ZAKZAK)

4歳で父親の指導でテニスを始めたシャラポワは6歳のとき、モスクワで行われたイベントでナブラチロワに認められる。翌年、家族とマイアミに渡ったが、両親がビザの不備を理由に入国を拒否され、9歳で再会するまで、米国で一人頑張ったエピソードを持つ。

ナブラチロワに認められるってのは凄いのではないでしょうか。そして7歳から9歳までの間、テニスのために一人暮らしとは。自然と絆は厚くなるのでしょう。

17歳シャラポワが新女王/ウィンブルドン

極寒のシベリア地方で生まれた。父ユーリさんは、仕事を求め転々とした。86年チェルノブイリ原発事故の影響で、家族は黒海沿岸のソチに移住した。「家族は、これまで私のために多くの犠牲を払ってきた。いい時も、悪い時もそばにいた」。優勝の瞬間、関係者席にいた父に駆け寄り、しっかりと抱き合った。

チェルノブイリってのも悲劇。苦難の末のチャンピオンであることがうかがい知れます。

ママにも電話

観客席で父との抱擁を終えてから、シャラポアはコートに戻った。
祝福の観客の拍手には、投げキッスで応える。

しかし、しばらくしてまた、そわそわと、あたりを見回した。
そして、また観客席まで行き、父からポンと何かを受け取った。
ケータイである。ケータイでママに電話しようというのだ。

観客からも戸惑いの笑い、そんなことも気にせず、何度も架けるが繋がらない様子。ついに諦め、セレモニーが始まった。

チャンピオンズ・スピーチでは、「このパイ(優勝プレート)を割って、助けてくれたみんなに分けてあげたい」と、本当ににうれしそうに話したのが印象的だった。
また、「これ(優勝プレート)はセレナからしばらく借りたもの」とも言っていた。自分でも信じられない結果だったのだ。

試合中の厳しい表情とは正反対の、優勝後のはじけた笑顔、はしゃっぎぷりは間違いなく17歳のそれだった。

今後、コンスタントにグランドスラムで上位に残れるか。メディアとの闘いに負けないでほしい。

というわけで、美貌はこちらに。
【特集】【テニス】17歳シャラポワ、セリーナ破りウィンブルドン初優勝

|

« ああ、ネドベド、ああコッリーナ主審 | トップページ | ルスでフィナーレ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/899723

この記事へのトラックバック一覧です: また、ロシアの華が咲いた:

» '04全英シャラポワ 後夜祭 [▼総長のblog(仮名) Ver.00.02β ▼ 湘南(爆)テニス族]
天は、ベッカムに二物を与えたように、シャラポワにも二物を与えた 「このパイ(優勝プレート)を割って、助けてくれたみんなに分けてあげたい」「これ(優勝プレート)... [続きを読む]

受信: 2004/07/05 03:51

« ああ、ネドベド、ああコッリーナ主審 | トップページ | ルスでフィナーレ »