« 七夕には星が集う | トップページ | 炎天下に負けないゲーム »

暑い夏の夜は

暑い夏の夜は、本を読んだり、音楽を聴いたりして、体温を下げるのだ。


怖い本

トマス・H・クックのミステリー、記憶シリーズ。そのなかでもこいつは最高に怖い。


夜の記憶 トマス・H.クック


「訳者あとがき」に、「この小説は気の弱い読者には勧められない」とありますが、まさにその通りで、ゆっくりと主人公がある事件の謎解きをしていく中で、主人公の暗すぎる過去が紐解かれていく。その過去がとても、暗くて悲しいのです。


いわゆるホラーものの怖さではなく、人間の闇です。

ゾクゾクっとして、背筋が凍るような読後感です。

チベット・ミステリー


どこまで真実なのか、中国に抑圧されているチベットを舞台にしたミステリー。
中国とチベットの関係ってよく知らなかったけど、中国はチベットの寺院の破壊や僧侶への暴力など、とんでもないことをやっているのです。

中国人に脅えながら暮らすチベットの人々の生活を舞台に、奇妙な殺人事件を解決する中国人で囚人だった男。


この物語で書かれている、チベットの”非暴力の精神”は、強く心に響きます。

今のところ三部作です。三作目は、チベットの高地でストーリーが展開され、ひんやり、します。


頭蓋骨のマントラ(上)
/ 頭蓋骨のマントラ(下) ・・・ 強制労働収容所から事件は始まる


シルクロードの鬼神(上)
/シルクロードの鬼神(下) ・・・ 舞台は砂漠に移る。


霊峰の血(上)
/霊峰の血(下) ・・・ 高い山々を超えても、なお中国人におびえなければならない。

|

« 七夕には星が集う | トップページ | 炎天下に負けないゲーム »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/990479

この記事へのトラックバック一覧です: 暑い夏の夜は:

» ブログで拾う非暴力 [一輪庵]
 News & Blog Searchで「非暴力」を検索してみると、このごろ沢山 [続きを読む]

受信: 2004/07/18 18:39

« 七夕には星が集う | トップページ | 炎天下に負けないゲーム »