« TVも焼けるアジアカップ | トップページ | うらやましい »

TVも焼けるアジアカップ、その後

TVは軽症。今日はヨシカツDay、思い出すはナビスコの優勝。


リコール

燃えたTV(TVも焼けるアジアカップ)ですが、親父がTOSHIBAに問い合わせたところ、不良品、リコール対象のTVであることがわかりました。

カラーテレビに使用している電解コンデンサからの蒸気発生現象について(東芝公式)

さて、1993年から1997年にかけて順次製造・販売いたしました弊社カラーテレビの一部におきまして、長期間使用すると、まれに白い煙のように見える蒸気が出ることがあります。

「白い煙のように見える蒸気」だと、確かにほとぼりが冷めたら、焦げ臭さは全くありませんでした。
でも、ほんとに凄い煙と匂いでした。いくら「発煙・発火等の心配はございません。」と言われても全く信じられない状況でしたよ。

というわけで、無償で修理/交換してくれるということで、よかったような気もするし、新しいTVはどんなんにする?に気持ちは完全に持っていかれてたので、ちょっと残念な気もする。

とりあえず居間には、台所の小さい14インチTV(昔、弟がPC-8800シリーズのモニタにも使ってたやつ)が置いてあります。


ヨシカツDay

飲み会から帰ってきたら、延長後半12分くらいでした。
1点差で勝つと予想していたので、驚きでした。
あっという間にPK戦に突入。
それは、ドラマでもありえない最初からセンセーショナルで、最後は奇跡的な終わり方。
PK戦の途中で、サイドが変わるなんて、始めてみました。しかも考えにくいタイミングで。

ヨシカツのゴッドハンド、ゴッド・セーブを見るうちに、ふと、あの時を思い出した。
ヨシカツがイングランドに行っちまった直後のナビスコカップ決勝、榎本タツヤのビック・セーブの連続で優勝したときを思い出しました。

今日のプレーを見てタツヤも刺激を受けたに違いない、これはこれ以上にないほどのタツヤ好調へのきっかけになるぞ!

しかし、ヨシカツ。窮地に追い込まれるほどに光りだすとは、スター性があるというか、扱いづらいやつというか。

代表の評価は、レギュラータイムの90分を見れないのでなんとも言えず。

|

« TVも焼けるアジアカップ | トップページ | うらやましい »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/1094173

この記事へのトラックバック一覧です: TVも焼けるアジアカップ、その後:

« TVも焼けるアジアカップ | トップページ | うらやましい »