« 雨に打たれたダービーマッチ | トップページ | 最良の船出 »

これが最終決戦か

水滸伝、13と14巻を読後。


パワーの源

北方謙三の水滸伝は、読むのも疲れるほどエネルギーを感じます。

著者自信がラリーに参加したことがあるというほどのエネルギーの持ち主。

[POWER Web] Power Talk - 北方 謙三

この年でそんなものに参加したら、絶対死ぬからやめろって周りから止められたけど、今の若い奴らが行けもしないようなところにあえて行ってやろうと思ってね。

同WEB

人生の中で損だけど命を賭けてやってやると思った奴とポワーンと生きてきた奴を比べたらね、最終的に一対一だったら命賭けてきた奴の方が勝つよ。
 今の奴らのかわいそうなところというのは、その『熱さ』がわからない。だって、今の時代に『連帯』とか言ったって『バカ』としか言われないもの(笑)。


水滸伝WEBのエッセイの最後で
全身全霊で、私は書き続ける。
とあるように、読み手にもそれなりの覚悟が。

まとまった時間を作って、一気に読まないと頭の中に入ってこないですね。


水滸伝(13(白虎の章))

強力になった青連寺が梁山泊の拠点を巧妙に攻撃する。文字通り死守する梁山泊の好漢たちとの激闘に、手に汗握る。


水滸伝(14(爪牙の章))
いよいよ全面戦争が始まった。

早く、続きが読みたい・・・。

|

« 雨に打たれたダービーマッチ | トップページ | 最良の船出 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/1198341

この記事へのトラックバック一覧です: これが最終決戦か:

« 雨に打たれたダービーマッチ | トップページ | 最良の船出 »