« ロシアより愛を込めてPART2 | トップページ | 見た目も大事 »

幸福ゆきの切符をもらいました

ちょっと遅ですが、広島戦のこと。


慣れてます

ナオキが早々に退場という、楽勝させないいつものストーリーが始まってしまいました。10人になったり、同点されたり、刺激がないと燃えないチームになりつつあります。

余裕くれて”ながら見”をするつもりだったのですが、そういうわけにはいかなくなりました。
後半は、日韓代表+未来の代表の3トップというグレートなシステムも見れて、最後まで目の離せない展開となりました。

負けなくてよかったけど、”勝てる試合を落とした”、という感は否めない。


新しいベットはどうよ

前半のサンフレがみせた、ワイドな展開の攻撃ははっとさせられるものがありました。
ナオキのプレーはレッドに値するプレーで、代表には値しないプレー。

サンフレというと、サンパイオを思い出すのですが、その穴埋めということでベットだったのでしょうが、かなり効いてましたね。まだ、周囲の選手とは完全には呼吸があってなくて、時に浮いてましたが、合うようになれば手ごわい感じ。

後半はそのベッドをトップ下にもってきて彼を中心にした攻撃に切り替えてきましたが、逆にそれのほうがマリノスにはやりやすかった感じ。一対一なら負けないですから。
前半のようにワイドに攻められたほうが苦しかった。

小村の得点は凄かった。マリノスで長年助けられた彼のプレー。一対一で負けないディフェンスとセットプレーのヘディング。
今回はそれにやられました。あの気持ちのこもったゴールとその直後の表情を見たら、悔しさも増し、少し嬉しさも。
小村がいるということは、サンフレにとって非常に有益なことだと思う。

小村。(各選手コメント [ J's GOAL ])

そういうのは、経験を積むことで自然とわかってくる。僕は、そういうことをみんなに伝えていきたい。相手は(1人)少ないわけだから、コンパクトにやってプレスをかければ、もっとやりづらかったと思う。ただ、相手に逆にボールをもたれ、シュートまで持ってこられた。そういうところが、相手の強いところ。僕たちも、そうならないといけない。

関連記事:グッドラック! サンパイオ


試合は90分ですから

結局、90分間、高い気持ちを、体を維持できるのがマリノスで、後半は攻めまくりましたが、グレートな3トップはそれほどグレートではなくて、勝ちきることができませんでした。
でもまあ、あれだけ攻めてればどこかで集中が切れてカウンターを食らってしまうものですが、耐えましたね最後まで。

坂田はこの好調を維持できるかが問題。ハユマにもゴールが欲しいところ、決定的な仕事はまだしていない。

しかし、上野ですね。90分間、画面のどこにも映ってました。攻守の決定的なシーンでは必ず。上野、あるいはユのどちらかがいれば、マリノスは崩れません。

*****

幸福ゆき

両親が北海道旅行に行ってきました。
お土産はこれ。

shiawase.jpg

幸福という駅があったのだそうだ。
(地味な写真。しかもピンぼけ(涙))

旧広尾線の幸福駅駅舎は今も旅のメッカに

まあ、特にどうってことはないです。

|

« ロシアより愛を込めてPART2 | トップページ | 見た目も大事 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/1475122

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福ゆきの切符をもらいました:

« ロシアより愛を込めてPART2 | トップページ | 見た目も大事 »