« 最悪である。投石!!! | トップページ | エクステンションその3 »

初めて見たテニスの試合

AIGオープンを見た。シャラポアとすれ違った。


初観戦

東京出張3泊4日の旅。その2日目(10月6日)に有明でAIGオープンとやらをやっているので、見に行った。
昼間は研修。ホテルは安いとこだったので、ネットから隔絶されていた。
よって、詳細をわからぬまま。研修会場から有明で向かうも、ようわからんので、駅員に路線と乗換えを聞いて行った。

りんかい線なのね。国際展示場駅から徒歩数分。有明コロシアムに着きました。
しかし、コートがいっぱいあるようで、どうしたらいいかわからず。

センターコート以外は、チケットはいらないのかな?わからんがとりあえずチケットを買う。
とりあえず、センターコートに向かう。シャラポアが試合中らしいことを、周りの会話から知った。

買ったチケットは自由席で、その自由席がどの辺なのか全く検討つかず。
サッカーのスタジアムと違い、扉が閉まってて、中の様子がまったくわからない。
ようやくそれらしい入り口を見つけたので、扉を開けると、コートが見えました!

入り口付近で、プレーが落ち着くのをまってから、空いている席に移動。
思ったよりも、見やすく。自由席でも全然OK!1000円は安いと思った。


カモーン!

目の前で繰り広げられていたのは、シャラポアvストーサー。
ストーサーは全然知らない選手だったが、実に鋭いショットで粘る。
粘るが、ミスが出る。長いラリーの末、シャラポアのポイントが決まると「カモ-ン!」と吠えるんです。迫力です(ちょっと汚い言葉もいっていたような・・・)。ジリジリとシャラポアのペースになってきて、勝ったわけでしたが、彼女の雄叫びに気迫を感じました。

<女子シングルス>辛くも勝利…。ロシアの妖精、有明に舞い降りる。

『コートにたったらそれは忘れていました。ただ、またこうしてセンターコートにたてたのは嬉しい。彼女は調子が良かったので(セカンドセットで)、私がダメなわけじゃないと思う』

そうそう、試合後に男の声で、「いやーいい試合でしたね」みたいな声が場内に流れ、進行役の人がいるんだなくらいにしか思わなかったが、ちょっと聞いたことのある声。。。コートをみると、マイクを持って立っている男。松岡修造ではないか。独特のテンションでしゃべってましたよ。

aig1006.jpg弱いカメラで撮りました

努力するものが勝者となる

スタジアムを出て屋台のタイ・カレーを食った後にぶらぶらしていたら、美女とすれ違った。金髪、長身。素早く振り返り、後姿をみながら、シャラポアじゃないか?
と思ったが、そうだった。
なんと練習用コートで、練習を始めたのです。
確かに彼女のファースト・サーブは、決まりませんでした。
しかし、試合後にするのかーと感心してしまった。
彼女の特打ちをしばし見たあと、となりのコートにも美女が練習していた。
バイディソバでした。ゴロビンのプレーを楽しみにしていたのですが、そのゴロビンに勝った15歳。
関連記事:このゲームには華がある

こんなに近くで見れるものなのか、試合後に練習(調整)するものなんだと、ちょっとテニスというスポーツ知った。

<女子シングルス>足して31歳、天才少女対決を制したのはニコル・バイディソバ

「両選手あわせて31歳」の天才少女対決となったが、4-6,6-3,4-6でバイディソバがゴロビンを下す大金星を挙げる結果となった。

おもしろかった、初テニス観戦でした。

|

« 最悪である。投石!!! | トップページ | エクステンションその3 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/1629085

この記事へのトラックバック一覧です: 初めて見たテニスの試合:

« 最悪である。投石!!! | トップページ | エクステンションその3 »