« ロッシの偉大なる挑戦、玉田と中野の奮闘 | トップページ | 新札ゲット!ザスパは勝利! »

今日は浦和を怖がらずに行こうと言った

by原監督。寝る前にかるくみようと思って見始めたら、、、なかなか終わらなかった。

ダブった昨シーズンの退場劇

レッズv東京の戦いはサポーターの数ではレッズが勝っていたが、東京の声は負けていなかった。ただ後半からはレッズの声だけが聞こえてきた。

BSフジの中継はTBSのように無駄な選手のアップが少なくてよかった。
選手紹介のCGは、ピッチ上に選手の名前が書いてあるように見せるCANAL+方式というかパクリというか。まあ悪くはない。

ジャーンの退場はかわいそう。審判にもうすこし冷静さが欲しかった。
ジャーンがピッチを去るときの悔しさと悲しさを混ぜ込んだ顔が印象的だった。

そして、CBを入れるためにフミタケが下げられた。マリノスとジュビロで優勝を経験している彼をこの大舞台で下げてしまって、チームは落ち着いていられるだろうかと心配になった。
しかし、替わりに入った藤山がそつなく浦和のFWを押さえ込んだ。

相手が一人退場になるということは、試合前に想定していないのだろうか。
昨シーズンの最終節マリノスvジュビロで、GK榎本哲也が早々に退場になってしまい全てが終わったかと思ったが、ジュビロの動きはぎこちなくマリノスの集中力は神がかり的で、予想できない結末が待っていた。

この日の東京も驚異的な集中力でプレスを掛けつづけ、レッズを思い通りにさせなかった。
エメのシュートはFK、CK、流れの中でも精度が悪く、蹴れば蹴るほど、冷静さを欠いているようだった。
田中タツヤも体のキレが悪く、東京の守備陣の検討だけではなく、精神的なプレッシャーなるものが浦和のFWを苦しめていたと思える。

東京はよくふんばった。PK戦の練習もしていたという。レッズはそこまで考えなかっただろう。

東京の試合を初めて見たのは、天皇杯で鹿島と国立でやった試合。たしか当時はまだJ2かもしかしたらJFLだったのかな。鹿島の足もとにも及ばなかった。

そのチームがJ1でまずまずの成績を残すようになり、強力なサポーターを集め、ナビスコで優勝するまでになった。原監督の就任は大きかった。

ちょっと感動する試合だった。最後まで放送したBSフジもえらい。

原博実監督(F東京)記者会見コメント [ J's GOAL ]

浦和のよさを消すより、我々の持っているものをすべてぶつけようと言って試合に臨んだ。
浦和と決勝で当たれたことが自分としては非常にうれしかったし、タイトルがこんなにうれしいものとは思わなかった。多くの人が喜んでくれ、選手たちも喜んでいる。優勝はいい。また優勝したい。
浦和は接戦を経験していない。接戦に持ち込めれば、チャンスがあると選手に話していた。

|

« ロッシの偉大なる挑戦、玉田と中野の奮闘 | トップページ | 新札ゲット!ザスパは勝利! »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/1863422

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は浦和を怖がらずに行こうと言った:

« ロッシの偉大なる挑戦、玉田と中野の奮闘 | トップページ | 新札ゲット!ザスパは勝利! »