« 明日、11月10日といえば | トップページ | NHKでシンガポール戦をパブリック・ビューイング »

燃える天皇杯!もう一人のマルキーニョス登場!!

マリノス勝った。ホリコシ勝った。ザスパも勝った。群馬のJFLは強い。


ホリコシのスピリッツに乾杯

柏レイソル 1-0 FCホリコシ
柏のホームページには天皇杯のこと、まったく触れてないですね。
ホリコシの方はしっかりと、試合結果が速報されてます。

レイソルはどうしちゃったんでしょう。
薩川、波戸と元フリューゲルスの選手には愛着があります。今季の低迷を考えれば絶対に負けられない試合だったはず。
ホリコシの選手の技術、パスのスピードはレイソルより劣っていましたが、TVから伝わってくる気迫はホリコシの方が上でした。

ザスパとやるダービーマッチでも凄まじい気迫で挑むホリコシの選手はかっこよかった。
この試合では、レイソルの選手に遅めのタックルでイエローカードをもらうことが多かった。スピードにはついていけないが、そのときは必ずあきらめずに相手を追いかけた。

ホリコシの蔵川と奈良だけは、レイソルの選手と対等に、時にはそれ以上にやっていた。この2人は、来シーズンはこのチームにはいないかもしれない。もっと上のレベルでやれるのではないかと思う。

10人の群馬FCが柏撃破 次は磐田だ(スポニチ)

かつてJリーグに所属した選手も多い。決勝点を決めた奈良も02年には札幌に在籍しており「札幌時代はいい思いをしていない。なめられたかもしれないけど、時間がたつにつれていけると思った」と会心の笑みを浮かべた。

10人群馬FCホリコシが柏を撃破/天皇杯

MF蔵川は「ロングボール中心の攻めだったので対処しやすかった。なめられていたのかもしれないが、柏は強いとは思わなかった」と振り返る。


マリノスはどうだったんだ

モンテディオ山形 1-2 横浜 F・マリノス(マリノス公式)

横浜安“トップ下”不安/天皇杯(日刊スポーツ)
を見てもよくわかりませんが、アンがトップ下だったようだ。

J'sGoalのほうが詳しいですね。
J1とJ2の違いを見せつけ、横浜FMが山形に貫禄勝ち [ J's GOAL ]

「試合前からロッカールームが非常になごやかで、これはちょっとまずいなと。受けて立つような意識があった」
 横浜FMにとっての最重要目標は、来月に控えているサントリーチャンピオンシップ。それだけに岡田監督も、この試合でモチベーションを上げる難しさを告白していたが、それを補ってあまりあるプレーの速さ、正確さなどで、山形を余裕をもって退けた。

”受けて立つような意識があった”でも勝ったからいいけど、次はどうかな。


マルキーニョスの登場で逆転勝ち!!

先日のホリコシの奮闘がザスパには非常にいい刺激になったようです。
J1のチームを倒すという大きな目標に、拍車がかかったでしょう。

J1の今の順位で言えばレイソルもセレッソも同じようなもん。
しかし立ち上がりは、セレッソの猛攻で始まり、やっぱJ1には勝てないかと思いました。
幸運にもセレッソのシュートはわずかにゴールをそれました。
本当にひやひやの前半でしたが、よく耐えました。

後半に大久保登場。スペインに移籍しますが、Jで得点王にも慣れないのにスペインで活躍できるとは思えず。
そして、いつも嫌なとこにいる森島にヘッドでゴールを決められてから、試合が動きました。
交代で入ったブラジル人マルキーニョス。この選手は技術は高く、非常にキープ力があり、隙あらばシュートを放つ。69分という体力が落ちた頃の投入は絶好のタイミング。
ゴールの嗅覚は今はジェフのマルキーニョスと同じ匂い。
そのマルキーニョスが72分に同点ゴールを決めた時は、燃えましたね。部屋で飛び上がりました。
ザスパは攻撃のときにしっかりと人数をさき、距離があってもゴールを狙う姿勢がグッド。
逆転ゴールが決まって、どんな結末になるのか、どきどきしながら90分立つのを待つ。
そして。

リーグの勢いそのままに草津が勝利、前回準優勝のC大阪は姿を消す [ J's GOAL ]

植木繁晴監督(草津)記者会見コメント [ J's GOAL ]

「C大阪のDFの3人のコミュニケーションが悪く、中盤の両サイドがカバーできない。そこをついていけば、必ず真ん中で混乱するだろうと思っていた。このディフェンスならいけると思っていた」

「大久保はフィールドの右半分ではプレーできるが、左半分では仕事ができないから、飛び込まなくていいと話した。右半分ではケアしなさいと言った。」

試合終了後の各選手コメント [ J's GOAL ]
●小島伸幸選手(草津)

今日のマンオブザマッチはポスト。3本当たって助けられました。あれが大きかった。ポスト様々です。

●籾谷真弘選手(草津)

「C大阪にリストラされた自分にとってはすごくうれしい勝利。自分が今まで悔しい思いをしてきたのをぶつけられたのでよかった。昨日の試合で同じJFLのホリコシが勝ったことはすごく励みになった。みんなで自分たちもJ1のチームを食ってやろう、と話していた。西澤さんは高さがあって、ヘディングが強いので自然に自分がマークにつくようになった。シュートを打たせなかったことがよかったと思う」

次はマリノスとだ。どっちを応援すればいいのか。
楽しい試合になることは間違いない。

|

« 明日、11月10日といえば | トップページ | NHKでシンガポール戦をパブリック・ビューイング »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/1962607

この記事へのトラックバック一覧です: 燃える天皇杯!もう一人のマルキーニョス登場!!:

« 明日、11月10日といえば | トップページ | NHKでシンガポール戦をパブリック・ビューイング »