« ココログに目次をつけたけど壊れてたんだ | トップページ | [AUS2005]お母さんは射撃の銀メダリスト »

[AUS2005]あっけなく去った杉山、気迫のシャラポア

クズネツワにドーピングの疑い?全豪オープンの第一日目をレビュー。

ブルーな杉山

第一日目は、杉山とシャラポアの試合を見た。WOWOWで。
杉山のブルーのウェアは好印象。対戦相手のマルチナ・スハ(スロバキア)は、特にパッとしなかったが、杉山のプレーは冴えない。
サーブもまったく決まらず、見るほうも気力が失せ寝てしまった。

Double Faultsが8ってのはお手上げです。敗退。

で、シャラポア人気に便乗しようとNIFTYで「全豪オープンテニス特集」をやってます。
記事のタイトルが「今日のシャラポア」というのがご立派で。


杉山のブルーのウェア画像はここ
2005年全豪オープンテニス始まる 杉山敗れる(NIFTY)
スコア(公式)

女王であり、挑戦者であり

シャラポアは黄色いウェアで登場。
解説の人も言っていたが、シャラポアの、特にサーブを打つ姿は美しい。
17歳のシャラポアと15歳のカラタンチェワの試合。
カラタンチェワってのも凄い名前で、変った名前はサッカーで鍛えられていて大概の名前には動じないのですが、カラタンチェワですか、アナウンサー泣かせです。俺はアナウンサーではないですが。

カラタンチェワはブルガリア人で15歳。荒削りですが、ウィンブルドン女王に臆することなく果敢に攻めてきました。
しかし、シャラポア。ラリーになると彼女のショットの度にぐいぐいと惹きつけられてしまいます。受けて立つというより、真っ向勝負。ラリーが終わった直後の観客の「オー」という静かなざわめきも緊張感を孕んでました。
各下相手の試合を軽い気持ちで見るつもりが、シャラポアの100%本気モードに気圧されてしまいました。

今大会もやってくるのではないでしょうか。

放送カード振り返り(WOWOW)

「これまで何度も言ってきたことですが、全てを手に入れることはできません。この先何が起こるか分かりませんし、私のテニスはまだまだ発展途上です。
グランドスラムで勝ったからといって、突然全てに勝つというわけではありません。それは自分でもわかっています。だから、私は自分のテニスを磨いているのです。」

今日のシャラポア(NIFTY)画像あり
スコア(公式)


クズネツワに陽性反応?

Sports Illustratedのページを見ていたら、クズネツワはドーピングで陽性反応だったらしい。

'I am sure of my innocence'
WTA Tour CEO stands behind Kuznetsova after positive ephedrine test

もちろんクズネツワは、潔白を主張していますが、日本のメディアの翻訳を待ちます。

|

« ココログに目次をつけたけど壊れてたんだ | トップページ | [AUS2005]お母さんは射撃の銀メダリスト »

「テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/2620109

この記事へのトラックバック一覧です: [AUS2005]あっけなく去った杉山、気迫のシャラポア:

« ココログに目次をつけたけど壊れてたんだ | トップページ | [AUS2005]お母さんは射撃の銀メダリスト »