« 最近お通じがいいのはこいつのおかげ | トップページ | カネがあって女が二人もいて »

[AUS2005]7人のロシアン・ガール

ベスト16の7人はロシア人。そんな中でもダベンポートが復調。


帰ってきたダベンポート

リンゼイ・ダベンポート 2【6-2 6-4】0 ニコール・バイディソワ
(アメリカ・第1シード)         (チェコ)

髪をショートにしたダベンポートはブルーのウェア。ヘアースタイルとマッチしてとてもチャーミング。対するバイディソワは昨年AIGの時に、間近で見た選手だ。
バイディソワの腕の肩のあたりは、はっきりと筋肉が盛り上がっているのが分かる。
「また背が伸びた気がします」by遠藤愛
それもそのはず、15歳だもんね。1989年生まれ。ついこの間のできごと。


そんな彼女の試合前のコメントがWOWOWで紹介されました。

グランドスラムは全て特別ですが、中でもメルボルンは大好きです。
No.1のダベンポートとここで対戦できるのはとてもうれしいし、楽しみにしています。

試合は、やはりダベンポートの優勢。バイディソワは果敢に攻めるも、ダベンポートの要所を得たプレーに太刀打ちできず。
それでも、悔しさを全身に表しなんとか喰らいつこうとする姿勢が印象に残りました。
また、将来性を感じました。

ダベンポートの試合後コメント

昨年の夏以降、また高いレベルでプレーできるようになったの
今はまた素晴らしい成績を残せるような気がしています。
昨年の今ごろはプレーを続ける自信がなかったけど
今年また全豪オープンに来ることが出来てうれしいわ。

今年はベストをつくしてタイトルを狙いたいと思っています。

この試合は、最も好きな岩佐アナ+遠藤愛のコンビの放送でした。

スコア(公式)

熱戦はディメンティエワが

エレナ・デメンティエワ 2【7-5 5-7 6-4】1 ダニエラ・ハンチュコワ
(ロシア・第6シード)          (スロバキア・第26シード)

サーブの緩いディメンティエワですが、そこをハンチュコワにつけこまれます。
ディメンティエワのサーブのコースを完全に読んでました。
が、ここぞでミスをし、もつれにもつれ最後はハンチュコワの根負け。体力的にも厳しかったようです。ディメンティエワの粘り勝ちといった感じでした。
Unforced Errors が ハンチュコワ78%、ディメンティエワ40%。

スコア(公式)


ベスト16決定

ベスト16のうち、7人はロシア人とロシア勢が一時代を築きつつあります。
Anastasia Myskina
Elena Dementieva
Svetlana Kuznetsova
Vera Douchevina
Maria Sharapova
Nadia Petrova
Evgenia Linetskaya

優勝はまたしてもロシア人なのか、ダベンポートにも十分可能性はあると、今日の試合を見て思った。

|

« 最近お通じがいいのはこいつのおかげ | トップページ | カネがあって女が二人もいて »

「テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/2667521

この記事へのトラックバック一覧です: [AUS2005]7人のロシアン・ガール:

« 最近お通じがいいのはこいつのおかげ | トップページ | カネがあって女が二人もいて »