« カネがあって女が二人もいて | トップページ | [AUS2005]なんてこった、こんなはずでは »

[AUS2005]たった一人のロシアン・ガール

ベスト16に7人いたロシア人だが、ベスト4に残ったのはシャラポアだけ。

去り行くは、ミスキナ、ディメンティエワ

最高の仕上がりを見せていたミスキナだったが、突然の乱調。
立った一度も放送がないまま去ってしまった。本気で残念だ。

デシー、ミスキナを破り初のグランドスラムベスト8入り

「ナタリー(・デシー)は私に対してとてもクレバーはプレーをしていた、ただそれだけよ。彼女が試合に勝ったんじゃなくって、私が負けたんだ、って言いたいわ。」


ディメンティエワも絶不調。前日のダブルスのだめだめさは、シングルスへの備えかと思ったが、単純にコンディション不調。
ミスを起こしたときにシャラポア並みに絶叫したりと、彼女らしからぬ取り乱しぶり。
それもそのはず。
途中でトレーナーが入って、足の治療を始めた。
治療中の全米オープン女王の左足の親指をTVカメラが超アップで映し出す。
なんと、ぺろーんと皮がはげてた(痛)。もう見てるこっちが泣いてしまうくらいに。
Dementieva Falls to Schnyder(公式)


この2人がベスト8に残れなかったなんて。


気迫のシャラポアが残った

熱い暑い試合だった。


Maria Sharapova

クズネツォワは、豪快だが調子に波がありすぎ。一撃必殺というかシャラポアが日本刀だとすると大きな斧。かなりシャラポアを追い詰めた感があったのですが、もたもたしているうちに、じわり、シャラポアが反撃。

シャラポアのショットはひとつひとつに魂込めているといっていいほど、鬼気迫るものがある。渾身のショットの炸裂に驚くばかりである。

クズネツォワ試合後コメント(WOWOWの放送より)

第1セットととったにもかかわらず
第2、第3セットは何も出来なかった。
体力的な問題でなく、精神面の弱さが原因だと思う。

シャラポア試合後コメント(WOWOWの放送より)

相手のことを考えている余裕はなかったわ
ただ勝てると自分に言い聞かせ続けたの
オフシーズンのキツイトレーニングを思い出して
体力の限りがんばろうと思ったわ。
最後まで全力を出して戦ったの

シャラポワ、ロシア人同士の戦いを制し、ベスト4へ(tennis365.net)

車いすが必要なくらいだわ。今日は暑さを我慢しながら試合していたわ。コートの上は本当に暑かったけど、暑さを忘れて、何をすべきかに集中しようとしたの。今日の試合は生涯で一番きつい試合の一つだったわ。

日本ではシャラポアのニュース映像流れまくりだが、まだ何も手にしていない。
決勝はダベンポートvシャラポアとなるのか。それともセレナか。
いずれにしろ優勝は、順調な仕上がりと経験のあるダベンポートではないかと思うのである。

|

« カネがあって女が二人もいて | トップページ | [AUS2005]なんてこった、こんなはずでは »

「テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/2706548

この記事へのトラックバック一覧です: [AUS2005]たった一人のロシアン・ガール:

« カネがあって女が二人もいて | トップページ | [AUS2005]なんてこった、こんなはずでは »