« スカパー110を見れるようになったゼロックス前夜 | トップページ | パッチギを見たんだ »

[マリノス]負けるとは思わなかったゼロックス

行きと帰りのテンションの差が大きすぎて、どっぷり疲れた。

人身事故で乱れまくり

行きは、新シーズン開幕に胸ふくらませ、新宿湘南ラインの特別快速で2時間半ほどで日産スに着いた。早い。 帰りは、新宿で映画を見た後に帰ったのだが、新宿から3時間かかった。 人身事故があり、池袋付近で”死傷者を救出中”だったり、その余波で復旧後も停まったり動いたりの繰り返し。何よりも負けたし。

MVPは上野と言いたかった

日産スに入って、すぐに気がついたのは、ゴール裏の席替え。 いつも中央にいる人たちがバックスタンド側に寄っていました。そのせいか、時折応援がバラバラな時があった。

で、試合はというと、ドゥトラがきっちりマークされていたのと、彼自身今ひとつのコンディションなのでしょうか、決定的なチャンスメークができなかった。
清水+大島の2トップでは前線でボールが落ち着かず、うーんイマイチ。
一番光ってたのは上野ですね。
左右にボールを散らして、攻撃にいいアクセントをつけていた。
守備でもヴェルディのパス回しを分断して、もし、勝っていたらMVPは上野だ。


ハユマと中澤の元ヴェルディ組は、ヴェルディ在籍時よりマリノスに移籍してからのほうがヴァージョンアップしているし、負ける気はしなかったのですが、ワシントンにやられました。あいつ、なかなか倒れませんでした。
ハードなボディコンタクトを受けながらもシュート体勢を維持できてました。

ロスタイムの失点はタツヤの素敵な相手へのパスが引き金になったと思ってしまいがちですが、岡田監督の言う通り、前線に経験のある選手がいなかったからではないかと。
いつもみたいに相手ゴール付近でのキープが出来ていなかった。

PK戦は、運という人もいるが、やっぱり技術だと思うんですね。キッカーとGKそれぞれの。ヴェルディの選手はいいとこ蹴ってました。
ただ、90分で行なわれるサッカーとは全く異質なもので、あくまでも勝敗をつけるための手段でしかないと思います。

俺の中ではこの試合は引き分け。ただ、ロスタイムで同点に追いつかれたのが、どうにも悔しい。

ヴェルディのゴールが決まったとき、バックスタンドからヴェルディのミニフラッグが一斉に振られた。
意外にヴェルディサポが多かったのには驚いた。

来週はいよいよ開幕戦。相手はジュビロと、申し分のないゴールデンカード。でも行けない。。。。。
敷島に行くのだ。J1とJ2を別の日にしてくれないかと、切に願うのである。


横浜FM 2 - 2(PK 4 - 5)東京V (13:33/横浜国/21,104人)

|

« スカパー110を見れるようになったゼロックス前夜 | トップページ | パッチギを見たんだ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/3094781

この記事へのトラックバック一覧です: [マリノス]負けるとは思わなかったゼロックス:

« スカパー110を見れるようになったゼロックス前夜 | トップページ | パッチギを見たんだ »