« [マリノス]負けるとは思わなかったゼロックス | トップページ | 東南アジアでヒデの次に有名な日本人プレーヤー(動画あり) »

パッチギを見たんだ

韓流などと韓国ブームが続いていますが、ちょっと待てよと。井筒監督の強いメッセージを受け取りました。


京子ちゃんの演技にびっくり、どっきり

ここ数年、梁石日の小説を読むようになり、在日という言葉を改めて考えさせられるときがある。
パッチギは在日をテーマにした映画で、少々説教臭いと感じる場面がいくつかありました。
葬式のシーンで「お前ら日本のガキ何しっとる。知らんかったら、この先ずーっと知らんやろ」と喪主である在日の親が激怒するシーン。このセリフを皮切りに彼らの過酷な人生が主人公に浴びせられる。

やっぱりね、誰かかが言わなくては、教えなくてはいけないと思うのですよ。
それは”在日”に限らず、もっと身近なとこでも。
よく「そんなこと言わなくても分かるだろう」っていう人がいますが、それはずるいって。言わなくちゃ、教えなくちゃ、伝わらないです。何事も。
”言わなくても分かるだろう”は都合よすぎ。
韓流と浮かれ、北朝鮮をこき下ろすだけの日本のTVよりも十分に見る価値あります。

この映画には、問題に正面からぶつかる大人も登場する。大友康平である。ハウンドドックの。歌うのかと思ったら、ラジオ番組のディレクター。発売禁止の歌をオンエアーさせる。かっこいい役どころ。

楊原京子ちゃんが迫真の演技。虎の門で何でも星みっつ付けてる顔とは全然違います。ちょっと驚いた。

上演時間は2時間程度ありましたが、飽きさせず、これでもかと畳み掛けるようなラストは圧巻でした。

パッチギ! - goo 映画

|

« [マリノス]負けるとは思わなかったゼロックス | トップページ | 東南アジアでヒデの次に有名な日本人プレーヤー(動画あり) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/3104570

この記事へのトラックバック一覧です: パッチギを見たんだ:

« [マリノス]負けるとは思わなかったゼロックス | トップページ | 東南アジアでヒデの次に有名な日本人プレーヤー(動画あり) »