« [マリノス]これぐらいで下を向いてちゃ | トップページ | [ザスパ]もうひとつの応援のカタチ »

[マリノス]長居にも響いたアジアの歌

大島を連れてきた岡ちゃんの眼力に驚く。まだまだ期待していいのか、ストライカー大島。

大島ってどうよ

と、思っていたのである。J2とJ1は違うぜ、と。 ACLで見せた胸とラップからのシュート。あれは惚れた、華麗だった。 その後の試合では、まだまだ周囲とかみ合ってないようで、自分の働き場所を探している感じだった。

昨日のセレッソ戦。チームのパフォーマンスは今まで最悪。体、重そう、覇気がない。
ジュビロ戦、山東戦とは全く違う。

GKがACLに引き続きテツヤで、上野ではなくアキ。他にも選手とポジションが微妙に今までと違うスタメン。
セレッソの3トップぎみの攻撃に押されて、あたふた。そのうちに失点。
同点になっても逆転しても、また失点するんじゃないかと、ひやひやでした。

そんななかでの大島のハットはまさに救われた感じがした。
大島のよかったところは、とにかくシュートを打つこと。可能性低くてもFWなんだから、それでいい。
試合後の選手コメントから感じるのだが、清水のスピードと走りは相手に相当脅威を与えている。もっとシュート打ってくれ。

こんな悪い内容でも勝てる。それがマリノス。
チームはこの後、ジャカルタに行く。16日にはACLの第2節。
TVでは試合後、アジアの歌が響いていた。
J1もACLもどちらも制す。いけると思うよ。

岡田武史監督(横浜FM)記者会見コメント[ J's GOAL ]

|

« [マリノス]これぐらいで下を向いてちゃ | トップページ | [ザスパ]もうひとつの応援のカタチ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/3289826

この記事へのトラックバック一覧です: [マリノス]長居にも響いたアジアの歌:

« [マリノス]これぐらいで下を向いてちゃ | トップページ | [ザスパ]もうひとつの応援のカタチ »