« 無能な日々 | トップページ | [FRA2005]Final エナンの笑顔、ピアースの涙 »

[FRA2005]豹のようなルックスのペトロワ

久々のピアースは精悍なイメージで躍動!そして、帰ってきたジュスティーヌ・エナン

仕事はいろいろあり、あいかわらずハードでついに夜勤をやるはめに。そんな夜勤明けだけどローランギャロスの準決勝を見た。

2003年の女王

ジュスティーヌ・エナン アルデンヌ(ベルギー) vs ナディア・ペトロワ(ロシア)

ペトロワのややつり上がった猫目がよいです。足はすらりと際立って長く、まるで豹のよう。中継の岩佐アナも言っていたが、178cmよりもでかく見える。

エナンもペトロワもアディダスの同じ青と黒のウェアに白いキャップ。キャップの後ろから束ねた髪を出すという格好で、眠い目をこすりながら見ていると、どっちが誰だか分からなくなるという、初めての体験。

勝ったのはエナンで、ペトロワは完全に呑まれてしまった。
エナンはコートを縦横無尽に動き回り、常に的確な位置から十分にためて放つショットが力強く、始終圧倒してました。

WOWOWの試合後コメントも素敵です。
大会11日目 勝利者インタビュー:
ジュスティーヌ・エナン アルデンヌ(ベルギー)

今日は忍耐強く戦って、ただ巡ってきたチャンスを全てモノにしようと努力した。今日はベルリンよりもすごく簡単にワイドなプレーが出来た。それに相手はかなりミスをたくさん犯したわね。多分プレッシャーを感じていたんだと思う。

背中に痛みを抱えており、いいコンディションではなくとも、試合のポイントとなるゲームを落とさなかったのが、ポイントだと思う。

エナンは2003年にローランギャロスで優勝している。


2000年の女王

メアリー・ピアス(フランス) vs エレナ・リホベツェワ(ロシア)

今大会絶好調のピアース。この試合でもパーフェクトな試合展開。
リホベツェワのよさを全く出さなかった。
引き締まった体、充実した顔つきが非常に精悍なイメージを与える。
地元ということもあり、のびのびとプレーし、楽しんでいるのがわかる。

決勝は2003年の女王と2000年の女王との戦い。再びの女王を目指して。


たぶんエナンが勝つでしょう。

Roland Garros - The 2005 French Open - Official Site by IBM

SI.com - 2005 French Open - Henin-Hardenne, Pierce set up final showdown - Thursday June 2, 2005 12:08PM

|

« 無能な日々 | トップページ | [FRA2005]Final エナンの笑顔、ピアースの涙 »

「テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/4397674

この記事へのトラックバック一覧です: [FRA2005]豹のようなルックスのペトロワ:

« 無能な日々 | トップページ | [FRA2005]Final エナンの笑顔、ピアースの涙 »