« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月の4件の記事

[ザスパ]サッカーラグビー場最後の試合で

勝ったんだ!かなり満足度の高い勝利!!相手が減ったわけでも誤審でもないぜ。

グッバイ敷島サッカーラグビー競技場

次のホームゲームからは、待望の隣の陸上競技場を使用できる。今年になって改修工事が行なわれ、常緑のピッチに巨大スクリーン、そしてナイトゲームができる照明設備が完備された敷島陸上競技場である。

サッカーラグビー競技場は小さく照明設備はなく、得点は得点板を中の人がよっこらしょと交換するのである。そんなサッカーラグビー場での最後の試合はベルマーレと。

本日もスタッフとして参加。なので、ずーと試合を見てるわけにはいかなかったが、それでも今までと違う感触を得た。
だいたい、前半で失点してないのだから大きな進歩だ。
0-0の同点でもOKと思えた。それだけでも十分だ。
しかし、終了間際のPK。誤審ではなく、山口が倒され、山口が決めたPKで1-0での勝利。大きな歓声。
ロスタイムに冷や冷やしながらも、無事、試合終了。

いやーようやく3勝目ですよ。
スタッフも大喜びでした。
やっとサッカーができるチームになってきました。

次のホームゲームからはナイトゲームになるのですが、平日開催なのでしばらくはいけないのが残念。

とにかく熱い、暑い一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のヨガは異常に蒸し暑い

ヨガを始めて1年以上経つが、人が増えすぎて非常に窮屈なスペースしかないのさ。

最近の癒し

ここ数週間は仕事集中モードで、家にいる時間が圧倒的に少ない。
そんな時には心をほぐしてくれる
『無意味良品』
が、最高の疲労回復剤です。
司会の阿川佐和子の魅力全快!


最近のヨガ

内容がバージョンアップして、かなりハードになった。
ただでさえ、汗が出るのにヨガブームということで、1回のレッスンに参加する人が増えに増え、室内はものすごい湿気で最高に蒸し暑い。
60分で体力を使い果たす。

なんかみんなヨガマットとか買っちゃたりして、ウェアも誰がインストラクターかわからんくらいに気合入れてる。

ただあの蒸し暑さは危険だ、誰か倒れるぞ。俺、今日くらくらした。


最近のMotoGP

ロッシのライダーとしての能力がより磨かれ、光り輝いてる。
ただ、ムジェロ、カタルニアで行なわれたレースはどれも、とてつもなくスリリングな展開で、最後まで目が離せなかった。
MotoGPなのに125ccのような団子状態でのサイドバイサイド。抜きつ抜かれつの繰り返しで、大興奮。


最近のサッカー

マリノスがユーベやマリノスと試合をした。普通なら大盛り上がりだが、もう仕事場に缶詰状態なので、悔しくなるのであまりネットとかでも情報をみていない。

代表はW杯出場が決まった。いつからこんなにサッカーファンが増えたのかと思うほどのはしゃぎっぷり。

ザスパは相変わらずの結果ですが、昨日の試合は内容がレベルアップしてるのが確かに分かった。サッカーっぽくなってきた。本当に少しずついい方向に向かっている。
ボランティアにもしばらく行ってない。来週は、どうにか行けそうだ。


最近の治療


右奥歯が痛み出し、昨日久々に歯医者に行ってきた。
レントゲンが簡単にとれたり、治療用の椅子には小型テレビがついていたりしても、歯医者は歯医者。
あの音と振動に体を硬直させたまま、とにかく早く終わるのを祈った。


それから


明日は、今やっているプロジェクトの正念場。もうなるようになれ。

20日はウィンブルドン開幕。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[FRA2005]Final エナンの笑顔、ピアースの涙

完敗のピアースは表彰式で涙のスピーチ。エナンは更なる強さを持って再びの女王に。


圧勝はエナンのプランどおり

あっという間に終わってしまった決勝戦でした。
エナンは準決勝と同じく青と黒のウェア。ピアースは濃い目のピンクのウェアで登場。

コートのどこにでも現れ、確実にショットを返すエナンに対して、ピアースはなす術なし。エナンのショットはピアースの強打を封じ込めるように、時に体の近く、時にネット際へとコントロールされていた。

時折、観客が勇気づけるような拍手をピアースに送るが、その声援にこたえることは出来なかった。

エナンのスピーチ
少年のような笑顔で、家族、コーチ、仲間の人々への感謝の気持ちを話した後に、
「メアリーと対戦できたとこは、光栄だったし、幸せでした。そしてローランギャロスのファン、あなたたちがいつも私の心の支えで、今日もあなたたちの拍手と声援が心に届きました」
SI.com Justine Henin-Hardenne kisses the trophy after beating Mary Pierce to win the French Open.

ピアースのスピーチ
感極まってなかなかしゃべりだせないピアース。
涙を目にため、時折涙を拭いながら。
・今日はもっといい成績で笑顔でここに立ちたかった
・もうローランギャロスの決勝という舞台に立つことはないと思っていた。それが、みなさんのおかげでここまで来れた。
・今日この場所に立てたことが、どんな優勝よりも素晴らしい
そして、エナンにも尊敬しているとも。


以上、タバディの同時通訳より。

このセレモニーはあたたかい雰囲気で包まれていました。

サービス力のなさをストロークでカバーするテニスはもう通用しない
エナンの身長でも190、180キロを出すストロークを打ちつつもミスをしないストロークでないと通用しない、新たな時代に入っていったローランギャロスだったと思います。
by遠藤愛さん。

SI.com Mary Pierce and Justine Henin-Hardenne embrace after Henin-Hardenne beat Pierce in Saturday's final of the French Open.


WOWOWの試合後インタビュー、エナンがこの試合のポイントを語っています。
全仏オープンテニス - WOWOW TENNIS ONLINE

私が彼女にすごい揺さぶりをかけたしね。特に試合序盤で、彼女にプレッシャーをかけていった。このせいで彼女はショットミスをたくさん犯してしまったのよ。私は序盤にすごく攻撃的なプレーが出来た。試合全体を通してサービスもすごく良かった。おそらく観客はもっと接戦になることを願っていたと思うけど、でも私はこんな勝ち方が出来てすごく嬉しいわ。


エナンの強さとピアースの涙が印象に残る決勝でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

[FRA2005]豹のようなルックスのペトロワ

久々のピアースは精悍なイメージで躍動!そして、帰ってきたジュスティーヌ・エナン

仕事はいろいろあり、あいかわらずハードでついに夜勤をやるはめに。そんな夜勤明けだけどローランギャロスの準決勝を見た。

2003年の女王

ジュスティーヌ・エナン アルデンヌ(ベルギー) vs ナディア・ペトロワ(ロシア)

ペトロワのややつり上がった猫目がよいです。足はすらりと際立って長く、まるで豹のよう。中継の岩佐アナも言っていたが、178cmよりもでかく見える。

エナンもペトロワもアディダスの同じ青と黒のウェアに白いキャップ。キャップの後ろから束ねた髪を出すという格好で、眠い目をこすりながら見ていると、どっちが誰だか分からなくなるという、初めての体験。

勝ったのはエナンで、ペトロワは完全に呑まれてしまった。
エナンはコートを縦横無尽に動き回り、常に的確な位置から十分にためて放つショットが力強く、始終圧倒してました。

WOWOWの試合後コメントも素敵です。
大会11日目 勝利者インタビュー:
ジュスティーヌ・エナン アルデンヌ(ベルギー)

今日は忍耐強く戦って、ただ巡ってきたチャンスを全てモノにしようと努力した。今日はベルリンよりもすごく簡単にワイドなプレーが出来た。それに相手はかなりミスをたくさん犯したわね。多分プレッシャーを感じていたんだと思う。

背中に痛みを抱えており、いいコンディションではなくとも、試合のポイントとなるゲームを落とさなかったのが、ポイントだと思う。

エナンは2003年にローランギャロスで優勝している。


2000年の女王

メアリー・ピアス(フランス) vs エレナ・リホベツェワ(ロシア)

今大会絶好調のピアース。この試合でもパーフェクトな試合展開。
リホベツェワのよさを全く出さなかった。
引き締まった体、充実した顔つきが非常に精悍なイメージを与える。
地元ということもあり、のびのびとプレーし、楽しんでいるのがわかる。

決勝は2003年の女王と2000年の女王との戦い。再びの女王を目指して。


たぶんエナンが勝つでしょう。

Roland Garros - The 2005 French Open - Official Site by IBM

SI.com - 2005 French Open - Henin-Hardenne, Pierce set up final showdown - Thursday June 2, 2005 12:08PM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »