« ファンタジスタなんて安易に言えない | トップページ | [マリノス]記憶に残るジェフ戦 »

[05ラグナセカ]なんてアメリカンなレースなんだ

ジェットコースターのようなサーキットでアメリカ人の1・2フィニッシュ!3日間の観客総動員数は15万人!!


すげえなコークスクリュー

11年ぶりに開催されたUSGPをG+は生放送!まあ月曜早朝なので録画してみましたが。
なぜかMotoGPクラスだけの開催。このおいしいとこ取りのパターンは今後増えるのではないだろうか。

ウォームアップの前にロンドンでの残酷で悲しい出来事に対しての黙祷が行なわれました。

いやあ、このサーキットのコークスクリューと呼ばれるコーナーは、坂を下りながらのコーナーであり、急激な高低さのカーブの複合はまさに螺旋階段のよう。

コース紹介 | アメリカGPスペシャルサイト | レース・スポーツ活動 | ヤマハ発動機株式会社


このコークスクリューを地元ライダーのヘイデンやエドワーズが生き生きと駆け抜けていく。
ヘイデンはPPでスタートし、最初から最後までトップを独走。エドワーズは、コークスクリューで何台もパスして、レース中盤まで3位につけ、後半にはロッシを抜いて2位となった。

特筆すべきはやはりロッシで、未知のサーキットで3位という成績。ラスト2周くらいにエドワーズがリズムを崩したのを見て、すかさずピタリとエドワーズの後ろにつけるところ。試合後に語っているがポイントを考えて抜くのはやめたとの事。レースにおける彼の分析が常に冷静であることに驚く。

そして、この実況アナが最後にやっちまいました。
アメリカの期待の星、ヘイデンが1位でゴールしたとき、なんと「コーリン・エドワーズ優勝!!!」と叫んでしまったのである。感動の瞬間というか一番盛り上がるところで名前間違えちゃった。あらら、である。


飛び道具ではあったが、ラグナセカでのレースはロッシ以外の優勝がみれ、雨とは無縁の天候でのびのびとレースが堪能でき、ハリウッド映画のような順当な結末でいいレースでした。

3位ロッシのコメント
フォトレポート | レース・スポーツ活動 | ヤマハ発動機株式会社

後半は彼が少しリズムを崩したように見えたので、彼に追いつこうと攻めたんだ。終盤、コーリンがこちらを振り向いたので、僕はヘルメットの中で「ハロー!僕はこここにいるよ!」と言ってラストラップのアタックに入ったよ。でも2台のヤマハで表彰台獲得も悪くないし、チャンピオンシップのことを考えてそのまま走りぬいた。

2位エドワーズのコメント
フォトレポート | レース・スポーツ活動 | ヤマハ発動機株式会社

後半、ロッシ選手とは約2秒アドバンテージがあったけど、最終ラップにピットサインを見ると0.6秒差となっていてびっくり。きっとサインの間違いだろうと祈りながら第2コーナーで後ろを振り向くと、すぐ後ろに本当にロッシ選手がいたんだ。その後、彼とのリードを守るため必死で走り抜いたから2位になれたんだよ。

1位のヘイデンのコメント
Honda | ロードレース世界選手権 | 第8戦 アメリカGP

地元のグランプリで、PPを獲得して優勝することができて、自分でも驚いている。やっと夢がかなったという気持ちでいっぱいだ。今日は、スタートからゴールまで全力を尽くした。レース中盤に後ろとのタイム差が縮まって焦ったが、ペースを取り戻すことができた。今週は、3日間を通じて本当に楽しかった。子供のころから僕を支えてくれた家族には、心から感謝している。今日の優勝は、チームすべてのものだ。僕を信じてくれたHonda、そしてすべてのファンにも、心から感謝している。今日は本当に最高の一日になったよ

|

« ファンタジスタなんて安易に言えない | トップページ | [マリノス]記憶に残るジェフ戦 »

「MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/4932445

この記事へのトラックバック一覧です: [05ラグナセカ]なんてアメリカンなレースなんだ:

« ファンタジスタなんて安易に言えない | トップページ | [マリノス]記憶に残るジェフ戦 »