« 完熟マンゴーを食べたんだ | トップページ | [05ザクセンリンク]あぁこれがセテの弱さなんですねえ »

[05ドミントンパーク]どしゃぶりの雨の中レースは行なわれた

そんなに危険を冒してまでレースを続行するのか。21台中10台のリタイヤ。


それでも輝くのはロッシ

1周目早々にビアッジが転倒、それを皮切りに次から次へと転倒者続出。
21台中、ウェットであるが上に10台もリタイヤしても、雨が一向に止まなくてもレースは続けられた。

解説のノリックが言っていたが転倒せずに走っていたのはほとんどがベテランのライダー。
バロスにケニーにとキャリアの長い選手たちの健闘が光った。

それにしてもバロスは雨に強い。ロッシに後ろからけん制されながらも、冷静にトップを走りつづけた。

しかし、後半に雨が落ちついてきてから一気にロッシがバロスをパスし、トップを独走した。
ロッシはチャンピオンシップのポイントを考えれば1位でなくても4位くらいでこの危険なレースを終わらせてもいいのにと思うのだが、果敢にトップで最後まで走った。

結果的に大怪我をしたライダーがいなかったのでよかったが、あのコンディションで大事故があったらと思うと、レースを中止すべき天候であり、中止になってもTV局以外は文句のないところだろう。


日本人は玉田が7位と健闘。中野はリタイヤ。雨以前にセッティングに問題があったと言っている。

中野真矢(リタイヤ)のコメント(KAWASAKI公式)

スタート前からギヤの入りが悪くて、苦しいレースになってしまった。スタートは良かったが、ギヤミスを何度もしてリズムのある走りが出来なかった。転倒したのは1コーナー。シフトダウンでニュートラルに入ってしまい、止まりきれないのでハードブレーキングしなければならず、転んでしまった。

Honda | ロードレース世界選手権 | 第9戦 イギリスGP
玉田誠選手(MotoGP 7位)

とにかく、どこでも滑ったし、最後まで我慢のレースだった。

アレックス・バロス選手(MotoGP 3位)

今日のトラックコンディションはひどかった。限界がつかみづらく、どこまで攻められるかを見極めながらのレースだった。ライバルもそれは同じだったけどね。今日は、特にフロントのコントロールが難しかった。それでも楽しめたレースだった。

2005年レースリザルト&レポート | レース・スポーツ活動 | ヤマハ発動機株式会社
ロッシ選手談(優勝)

今までで最も難しいレースのひとつ。コンディションがひどすぎた。とても寒くて、コースはスリッピー。僕の目の前でビアッジが、さらにジベルナウが転倒。大勢がミスをする難しい状況だったので、まず落ち着くことを心がけ、リズムの良いアレックスについていくことにした。それでもシケインでミスをしてブレーキをロックさせてしまったんだ。タイヤと路面との間に大量の水があって、しょっちゅうにリアがスピンしフロントがロックした。今日はバイクじゃなくてボートに乗っているような気分だったよ。今朝のウォームアップのわずか20分の間に、チームがウエットのセッティングを仕上げてくれたおかげで好タイムも出た。きのうのベストラップを見た時にバイオリンのシンプォニーのように完璧だと思ったので、今日はゴールラインでそれを真似てみたんだ


【MotoGP】第9戦イギリスGP トピックス

ドゥカティ監督のスッポは「ブリヂストンは信じられないくらいハードに働いている。しかし、モータースポーツでは努力が前進を意味しないときもある。この困難から学び、歩みつづけるしかないんだ」と苦闘するパートナーを思いやっていた。

|

« 完熟マンゴーを食べたんだ | トップページ | [05ザクセンリンク]あぁこれがセテの弱さなんですねえ »

「MotoGP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/5233794

この記事へのトラックバック一覧です: [05ドミントンパーク]どしゃぶりの雨の中レースは行なわれた:

« 完熟マンゴーを食べたんだ | トップページ | [05ザクセンリンク]あぁこれがセテの弱さなんですねえ »