« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の12件の記事

何も見えなければ恐怖を感じないだろ?

映画「南極日誌」を見た。狂気とともに進む恐怖の行軍。絶望の先にあるのは絶望なのか。


誰の気が狂ったのか

長時間冷房のきいた部屋にいれば、体は冷えてくる。しかし、見終わった後に凍えるほど寒かったのは冷房だけのせいではないはずだ。

映画館で見てよかったと思った。一人で自分の部屋で見てたら、いつまでも立ち上がれなかったろう。それが夜だったりしたら、電気を消して眠れないかもしれない。
きっと子供が上から見ているかもしれない。。。

たんたんと映画館のスタッフが「ありがとうございました」などと事務的に帰りを促すので、とりあえず、立ち上がり歩き出すことが出来た。


怖いお化けも、殺人鬼も出てこない。それでもひたひたと忍び寄る恐怖。

極限状態が人の判断を狂わす。

途中、中だるみを感じる部分もあったが「何も見えなければ恐怖を感じないだろ?」とメガネを握りつぶすあたりから加速度的に恐怖に包まれる。

何度もスクリーンから目を逸らした。映像の残虐さからではなく、あまりの絶望の世界から目を逸らしたかったから。

南極日誌(公式)

金払ってみる価値あり。ただし、もう見たくない。

ガイド

見に行ったのは渋谷の
アミューズCQN/シネアミューズ オフィシャルサイト

初めてだったのですが、”狭っ”!
普通の映画館が大広間なら、応接室って感じ。
ちょっとした金持ちのオーディオルーム、は言い過ぎかな。
あっという間に満席だぜ。

あと、公式の「南極日誌 基礎講座」は見ておくといいかも。

メモ
到達不能極 - Wikipedia

南到達不能極 (南緯 85°50′ 東経 65°47′) は南極大陸の中で最も海から遠い点で、南極点から 463km 離れた標高 3718m の地点である。1957 年、ソ連の南極探検隊が到達し、レーニン像を持つ基地を建てた。今は歴史的建造物として保護されている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[05モテギ]憤りを感じたG+の日本グランプリ

大がっかりである。金を払ってるのにレース中にCMを入れるという大失態。こっちは本気で見るんだよ。こんなにも怒りを感じたのは久しぶりだ。


何という愚考


Gtasu
WGPの日本開催である。もちろん楽しみである。
G+のHPで放送スケジュールを確認すると放送内容には不明な記述がある。


16日は、今シーズンの8戦から11戦までを再放送するという意味なのだろうが、

第8戦 アメリカGP 決勝(V)
    9月16日(金) 13:00~14:00

なんだ(V)って!

そして

第12戦 日本GP~全クラス予選~(生中継)
    9月17日(土) 13:00~16:15
第12戦 日本GP~全クラス予選~(再)
    9月17日(土) 24:30~26:00

とある。生中継は分かる。(再)は再放送だとすると(V)の意味が全く分からん。

そしていよいよ決勝、

第12戦 日本GP~250ccクラス決勝~(生中継)
    9月18日(日) 12:00~14:00
第12戦 日本GP~MotoGPクラス決勝~(1H版)
    (当日ディレード) 9月18日(日) 14:00~15:00

ここでまた、(1H版)という謎の言葉。
何度かG+のHPでみたことのある(当日ディレード)。

ここではっきりと分かるのは、生中継は250ccだけということ。
がっかりである。

それでもMotoGP決勝は14時からというので期待に胸を膨らませて見たさ。
そしたらCMが入るのである。なんじゃこりゃと。
こっちは金払ってみてるのに、何でレース中にCMが入るのかと。
興ざめである。ダイジェスト番組のようにしか受け止められない。

なんだ1H版って?CM入りの細切れ映像のことか。

視聴者を馬鹿にするのはやめてくれ。

どんなに予選を全クラス生中継しようと、決勝がこれじゃ全く意味なし。
今までよりひどくなってる。
日本開催なのだから、百歩譲って、生ではなくてもその日のうちに今までのように普通に流してくれればいい。

あーあである。

これなら、中途半端な昼の放送は止めて夜中だけにしてくれればいいのに。

何年か前、TBSがCLの生中継を時間が来たからと、ぶった切ってしまい、直後の生の朝の情報番組で何らかのフォローがあるかと思ったら、一言も触れずに、大クレーム大会になったときの事件を思い出した。

今回のG+はそれ以上に酷い。MotoGPをみたくて加入しているのに、クライマックスを最も安っぽく放送するという、全く意味のわからん行為。

レースの日程なんてシーズン当初から分かっているのにこんな編成しか出来ないのか。


うーん、すっきりしないので何らかの形でG+にはクレームを送る。
あの掲示板じゃだめだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[ザスパ]5勝6分21敗の実力

でもね、シーズン序盤から見ればよくなったと思う。監督もよく投げ出さないな、とも思う。


ピッチサイドから

徳島戦に続き、昨夜の仙台戦もボランティアとして参加。
今回は、ピッチサイドのお仕事で、前回よりも試合を見ることが出来た。
ここ最近、スタッフとして参加してても全く見れないことが続いたので、うれしかった。
(ただ、試合が見れない仕事はお客さんと接する時間が長いので、それはそれで楽しかったりする)

相変わらず、仙台サポはたくさんやってくる。しかし、この試合は津波采配への不満なのか、それとも相手にならんということか、応援が弱かった。声が小さかった。

ザスパサポの方が声が大きかった。ザスパのカラーの紺色はナイトゲームには映えませんな。闇に滲んでしまい、ホームゴール裏は照明が暗いんじゃないのかと思ってしまうほど。


久しぶりに見たザスパは、激しくボールを奪い、素早く前へ前へと攻め、ちょっといい感じ。
変ったなと思うのが、そういういい感じがずっと続いていたということ。

ハーフタイムというのはロッカールームへの移動の時間を考えると正味10分程度。
この短い時間で、どんなことができるのか。
後半早々、あんなに集中していたザスパが、あっさりと失点。
後半のほうが、ザスパが受けたファールの数が増えたので、押し込んではいるのですが、ついにゴールはなく、反対にこぎみよいパスワークからまたも失点。

まあ、でも前に比べたら、まともになってきた。サッカーらしくなってきた。

監督もよく辞めずに続けてくれてる。

次のクールは、どれだけ勝ち点が増やせるのか、これ以上観客を放すわけにはいかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[マリノス]事故のないように

と、運転するときに思うのである。でも、たまにそれを忘れる。冷っとする瞬間がまれにある。


慣れると上手くなったよう気になる


東京を離れて、実家に戻り車での通勤が始まった。どこに行くのでも当たり前のように車を使うようになった。

東京で車を持っていた時期もあったが、維持できなくて(駐車場第3万円)手放していた。
持っていても週に一、ニ回乗る程度。こっちにきて本格的に車に乗った。

俺の場合、朝の出社するときは、結構気が張っているのだが、帰りが危ない。

朝のように忙しくない、道も混雑していない。
そうすると、考え事をしてしまう。仕事のことや、何であいつにあんな事いわれなきゃならないんだ、とか、何であんなこと言っちゃったのかとか、マリノスが勝てね-なとか。
そんなことを考えてると、いつのまにか家の近くで、ちゃんと赤信号止まってきたのか、よく子供や自転車が飛び出してくるポイントがあるのだが、そこを減速して走ってきたのかなど、思い出せないときはひやっとする。
どこかで、何か一ついやな要素が加われば、加害者になっているのだろう。


今日、会社の人が信号待ちしていたら追突された。
4トントラックがプロパンガスをつんだトラックに追突し、そのプロパンのトラックに会社の人の軽の車は追突された。

会社の人の車のダメージは少なく、本人も凄い衝撃を受けたというが、今のところ外傷はない。
ただ、一歩間違えれば爆死だ。
あと少し、4トントラックのスピードが出ていたら・・・。

同僚は一昨年末、交差点で右折しようと対向車が途切れるタイミングを待っていたら、スピードを出しすぎた対向車にぶつけられ、大破した。


もらい事故はどうにもないが、加害者側にだけはなりたくない。


「慣れる」ということが本当に怖い。

ハユマが「初心に戻り」と書いているが、その怖さを味わったのだろう。

こんなにもハユマの復帰が早いのはいい誤算だ。

@nifty:田中隼磨公式サイト:09月12日:ご報告。

ただ、重傷となった方がいるので、喜ぶなんてことは出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

[US2005]彼女が彼女であった日

勝利への切実さと、なんともいえない切なさを凝縮した決勝戦だった。クライシュテルスがクライシュテルスであった日、それは5度目のグランドスラム・ファイナルでようやく優勝した日。


もう手がつけられない

ベテランの余裕といいますか、プレーにも気持ちにも”幅”が出てきたピアースが勝つと思った。
実際には、キムの切実な勝利への欲求(遠藤愛氏の言うグランドスラムチャンピオンへの飢え)の方が強かったということか。


試合中のキム・クライシュテルスは眼光鋭く、何があっても表情を変えない。
常に自分のペースでたんたんとゲームを進める。あきらかに違うところにいってる感じ。
素晴らしい集中力は、彼女のアスリートととしての能力の高さを十分に発揮させ、ピアースの強打を待っているかのように、コートを右へ左へ駆け回る。
攻守のバランスはよく、ときに稲妻のようなサービスエースが決まる。

ピアースも攻撃パターンをいくつか変えてみるが、粘ることは出来ても、今日のキムを打ち負かすことはできなかった。

今日のキムは対戦相手が誰であろうと同じテニスをして、同じ結果になったと思う。
彼女が今日戦った相手は、過去4度のグランドスラム・ファイナルで勝てなかった自分自身であったのだろうと思わずにいられない。

歓喜の瞬間

キムは、ネットを挟んでピアースと軽く抱き合ったあと、カメラマン席に飛び込み、観客席をよじ登り、なんと階段の手すりの鉄パイプの上を平均台を渡るように歩き、途中体勢を崩すが回りの観客に支えられてバランスをとりもどし、家族がいるボックス席に飛び込んだ。
あんな細い棒を、しかも上に向かって傾斜しているところを歩ける彼女のアスリートとしての能力の高さを試合後も見れるとは思わなかった。

家族、友人らと抱き合うキム。そのときカメラが映すのはピアースである。
椅子に座り、膝に体重を預けるように前屈みなり、顔の半分から下はタオルに埋めていた。
目は大きく開いていて、どこかを一点をずーっと見つめたままだった。


表彰セレモニーで、インタビューアはピアースに対して「素晴らしい試合をたくさんこなした、素晴らしい夏でしたね」と聞いたけれども、それはちょっとピアースには気の毒な質問じゃないのかな。
確かに彼女は素晴らしい試合をいくつもしたが、結局優勝は出来なかった。1位と2位は全然違うからね。2位で満足するようならここまでこれなかっただろうし。
ピアースも切実にここで優勝したかったはずだ。

キムはインタビューアからマイクを取り上げ、自分の気持ちをうれしさを噛み締めながら話した。

まずピアースに対して、
「私がもっと若かった頃、私は彼女にあこがれていました。
オーストラリアン・オープンで活躍している彼女を見ていました。
本当に決勝進出をおめでとうと言いたいのですが、
ものすごく努力してここまで来たことは理解しています。
今後もしのぎを削ってがんばっていきましょう。」
と、それをピアースはやさしい笑みで返していました。

そのあとスポンサーへの感謝の意、家族、友人、コーチらへの親しみのこもった挨拶。
観客と観客の中の国旗を持ったベルギー人らにも気持ちを述べる、完璧な拍手せずにはいられないスピーチでした。

女王となったキムには賞金110万ドルがなぜか100パーセントボーナス上乗せの220万ドルの賞金を贈られるというビッグな発表もありました。


実況アナの「プロですから賞金を獲得するということは当たり前ですが、キムはそれ以上のものを手にいれたのではないでしょうか」という、くさい言葉がなぜか心にすっと染みました。

解説の遠藤愛氏は、「私はおそらくクライシュテルスの4度のグランドスラム決勝をみていますが、今日が最もクライシュテルスがクライシュテルスらしくあった日でした」といった、輝けるコメントを残しました。


これで、今年のグランドスラムは全て違う女王で、全てシャラポアに勝ち抜いた選手が優勝したということになる。

誰も頭一つリードしていない、非常にハイレベルな中での戦いが行なわれている女子テニス界である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[US2005]苦難を超えて、充実のとき

明日はファイナル、ピアースvキム。二人ともそれぞれの理由で一度大きくランキングを落とした時期があった。


そんな二人の今大会の記憶。

ピアース、キャリア最高の時

Day8 4回戦 メアリー・ピアスvエナン アルデンヌ 2 【6-3 6-4】 0

ピアース絶好調でした。エナンが悪かったというより、ピアースが良すぎ。
まさにキャリア最高の時と言っていいでしょう。
こんなピアースが見れて幸せでした。
エナンは気の毒。

今日のニュース(詳細)|ニュース 【テニス365 : tennis365.net 】

この日は序盤からピアースの強打が炸裂する。深くて重いピアースのストロークが面白いように決まり、第1セットはなんと5-0とピアースが大きくリードを奪う。完全に出鼻を挫かれたエナン=アルデンヌだったが、ここから元女王の粘りを見せ、3ゲームを取り返し反撃に出る。

全米オープンテニス - WOWOW TENNIS ONLINE

ピアス:最初の5ゲームは、すごくいいプレーが出来た。あれ以上いいプレーなんかもできないんじゃないかしら。それからジュスティーヌは少しずつ自分のゲームを勝ち始めた。彼女はファイターなの。決して諦めてなかった。
 もし私がゲームをちょっと落としたり、ミスを連発したり、そんなこんなしたら、彼女はすぐに試合を戻していたでしょうね。だから前をしっかり見て、トップの状態で、常にアグレッシブでい続けるよう努力しなきゃならなかったの。


ESPN.com - TENNIS - Photo 859049


ESPN.com - TENNIS - Photo 859068

このあと、ピアースは同じフランス人のモーレスモと準々決勝を戦ったがこれも圧勝している。


しぶとさと、しなやかやさのキム


Day9 準々決勝 キム・クライシュテルスvビーナス・ウィリアムズ
2 【4-6 7-5 6-1】 1

この試合の前のシャラポアvペトロワ戦がとても長かったので、途中までしか録画できていなかった。
ヴィーナスのパワーに屈せず、キムは懸命に打ち返していた。時折、”スプリット”を見せると場内が沸く。

拾って拾って、しぶとく粘って、ヴィーナスが力尽きて負けたようです。
今日のニュース(詳細)|ニュース 【テニス365 : tennis365.net 】

今年のウィンブルドンを制した第10シードのヴィーナスは、4回戦で妹のセリーナをストレートで退けるなど今大会絶好調で、この日も第2セット途中までは、クレイステルスを完全に圧倒していた。しかし、今季女子最多の6勝をあげているクレイステルスは、第2セット中盤から徐々にペースの落ちてきたヴィーナスを攻め立て、逆転で第2セットを奪うと、迎えたファイナルセットでは、疲れの見えるヴィーナスに僅か1ゲームしか与えない猛攻を見せ一気に勝負を決めた。

全米オープンテニス - WOWOW TENNIS ONLINE

クライシュテルス:いいえ、フォアハンドが何度も思い通りに行かなかったから。特に自分が大切だと思ったポイントで、短いショットをいくつか失敗した。それに、なにしろビーナスとプレーしているんだからね。彼女はすごく強く、深いボールを打ってくる。だからいつもより後ろに下がることになる。そんな時にショートボールが来ると、前にラッシュしなきゃならない。私が感じていたのは、ボールへ向かって走り出すのがちょっと速すぎるということ。
だからイージーミスをいくつか犯したわ。もちろんあの時はフラストレーションがたまったけど、そんなことはすぐに頭から追い出すように心がけた……。第3セットは、全てがかなり上手くいったわね。


なんか前より綺麗になったキムが準決勝ではシャラポアを破って決勝に進むのである。


ESPN.com - TENNIS - Photo 859510


ESPN.com - TENNIS - Photo 859512

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[US2005]周囲の喧騒をよそに

準決勝が終わりましたが、ヴィーナス姉妹の対決はやはり印象に残りました。


ベスト2は


ちょっぴり余裕というか、いい力の抜き加減のピアースが、難的ディメンティエワを下し、タフネスなキムが強敵シャラポアを下した。

なんて充実しているUSオープンなんだ、というのが今のところの感想。

姉妹対決

4回戦という早い段階での姉妹対決は、周囲の騒ぎとは別に、やはりやりづらいようで、ぎこちない試合でした。

肉体的なコンディションが悪いとかではなく、精神的にね、詰めがあまい、じれったい内容で、それは今までで最も姉妹の揺れる気持ちが出た試合。

勝ったのは今シーズン調子のいいヴィーナスでしたが、ちっともうれしくなさそう。

ベスト4以上で見たいカードでした。
今日のニュース(詳細)|ニュース 【テニス365 : tennis365.net 】
以前は姉妹での決勝対決が常であったが、この2年ほど怪我で悩まされたりとランキングも落ち、今大会もそれぞれ第8シード、第10シードでの参戦であったため、4回戦という早い段階での対戦となった。

全米オープンテニス - WOWOW TENNIS ONLINE

ビーナス:うん、奇妙な感じだった。私たち2人にとっては、正直に言って、気が変になりそうなことだった。ウインブルドンの組み合わせで同サイドに入った時もクレイジーだったわね。私はただランキングを上げようと全力を尽くした。だって私自身のことを、すごくいい選手だと思ってるんだから。でも私のより上のランキングが、まだまだ何人もいる。でもしばらくは、低いランキングを保とうと努力してたのよ(笑)。自分が10位以上の実力があることは、間違いないと感じてる。

質問:ビーナスとの対戦は、以前より楽になった?

セレナ:大会後半なら、そうかもね。でも大会序盤だから、なんだかすごく、すごく奇妙だし、やりにくいし、ヘンテコだわ。これでも控えめに言ってるのよ。


プロらしくないと言われるだろうけど、彼女たちにそういう一面があってもいいと思う。


Top Stories Photo: Venus downs Serena to book US Open quarter-final berth


SI.com - Photo Gallery - US Open: Week 1 Wrap-Up

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[US2005]インド人ミルザはいい

ザスパのボラ・スタッフに行ってから見て書くのペースがくずれ、見るだけになってしまった。


本日深夜は、準決勝!


ようやくベスト4まで見終わった。
シード勢がほとんど残っていたので、接戦、名勝負の連続に、見るほうも体力を消耗しました。

4日の日曜日、昼間ジムに行った後に、ザスパv徳島のボランティアに行ったためか、帰ってきたら、すぐに寝てしまった。
翌日は、月曜日なのになぜか飲み会、1時半に帰宅でやはり寝てしまい、火曜日から日・月の録画分から見るはめになってしまった。

テニスはいつ終わるのか時間が読めないのが痛い。
そこが面白いところでもあるのですが、TV中継しづらいというのは日本でテニスが盛り上がらない原因の一つでしょう。


ベスト8以前の記憶

Day6 3回戦 ダベンポートvメディナ ガリゲス
2 【6-3 6-2】 0
スペイン人のメディナ・ガリゲスが時折いいプレーを見せましたが、実力差どおりの結果に。
ダベンポートのコンディションのよさがひかりました。
今日のニュース(詳細)|ニュース 【テニス365 : tennis365.net 】

「今日はとっても調子がよかった。攻撃的にプレーできたし、動きもよかった。(今夏怪我をした)腰の調子も問題ないわ。安定していたし、ハードヒットできたし、とっても楽しかった。」

Day7 4回戦 キム・クライシュテルスvマリア・ベントカブチ
2 【6-1 6-0】 0
キムの圧勝。昔よりも強くなってるんじゃないか。42分で試合終了。
ベントカプチ、うーん真っ赤なアディダスのウェアだったのですが、この選手は今大会最もお腹の出てる選手でした。
ちょっとめずらしい、アスリートらしくない体形。。。

Day7 4回戦 シャラポアvミルザ
2 【6-2 6-1】 0
はっきり言って、ミルザはかわいい。場内の声援も多かった。かなり人気高いみたい。
インド人ということで、アジア系ともヨーロッパ系ともいえない中間くらいの顔立ち、くりっとした目、浅黒い肌、なんとなくミステリアスな雰囲気もあって、魅力的。

で、プレーはというとシャラポアを打ち負かすショットの持ち主で、シャラポアをヒヤリとさせましたが、ここぞというところをダブルフォルトで逃してしまい、そこからシャラポアが持ち直しました。

シャラポアはやっぱり、あの唸り声が出ないとだめみたい。


ミルザってこんな感じ
Sania mania grips New York

シャラポア画像

SI.com - Photo Gallery - US Open: Week 1 Wrap-Up

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[US2005]熱戦は続き

大会前半は順調すぎてつまらんと書いたが、後半は強豪同士の闘いとなり、面白い。


面白すぎて時間足らん

2日ほど、いろいろあって見ることが出来ず、その2日分の録画から順に見ているので、なかなかリアルタイムに追いつけない。

今やっとシャラポアvペトロワを見終わった。
LIVEを丸ごと録画してあったので、見るのに時間がかかった。

すげーおもしろかった。

大型のロシア人同士が繰り広げた戦いは、歴史に残るかは分からないが、俺の記憶には残る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[US2005]ハローアゲイン

ヴィーナスがハンチュコバに、セレナがスキアボーネに勝ったので次は姉妹対決。


スパンコール

本日のナイトセッションはビーナス・ウイリアムズvs. ダニエラ・ハンチュコバ。
ヴィーナスは紫のウェアにスパンコールを散りばめたようなキラキラが光る、今大会一番目立つウェアではないでしょうか。

対するハンチュコバは杉山と同じタイプ、同じ黄色のウェアでした。

シード勢同士の対戦ということもあり、引き締まった内容でした。前半は・・・。
ヴィーナスの強烈なショットに耐えながらも、要所要所ではポイントを重ねていくハンチュコバ。ヴィーナスに3-3と追いついたのですね。
「さすがはシード勢同士の闘いです」と岩佐アナが言ったとき、俺も大きくうなづいた。
ところが、その直後、功を焦ったというか、勝利を意識したのか、凡ミスの連続。

そこからは、ヴィーナスの勝利濃厚の雰囲気が濃くなりながらの展開となってしまった。
ヴィーナスの頭上を越えるハンチュコバのロブが何本か決まったのが気持ちよかった。

マッチレポート
Venus Wins, Sets Up Showdown with Serena - Official Site

勝利のヴィーナス

SI.com - 2005 US Open


残念ダニエラ

Yahoo! Sports - Tennis - Photo - Daniela Hantuchova, of Slovakia, hits a return to Venus Williams of...

一回戦のダニエラ・ハンチュコバ

Hantuchova cruises past US Open first round


とりまとめ

さあ、USでシャラポアが輝くか
今日のニュース(詳細)|ニュース 【テニス365 : tennis365.net 】

シャラポワはプロ転向してからの4年間で、グランドスラムではこれで36勝10敗で、昨年のウィンブルドンでは優勝している。しかし、ここUSオープンでは何故か振るわず、今回が初の3回戦突破となった。
4回戦では、このところ急成長のS・ミルザ(インド)と対戦する。ミルザはM・バルトリ(フランス)を7-6(7-4), 6-4で下して勝ちあがっている。

これは強風のなか行なわれた2回戦のときのシャラポアの画像

SI.com - Photo Gallery - U.S. Open Round 2


日本人がもっと活躍してほしい
今日のニュース(詳細)|ニュース 【テニス365 : tennis365.net 】

クレイステルスと杉山は非常に仲が良く、元ダブルスパートナーとして、2年前の全仏オープンとウィンブルドンで共に優勝を勝ち取った仲だ。試合前も和やかな雰囲気の中、笑顔をみせて2人で談笑する場面も見られたが、試合が始まるや否や、クレイステルスはいきなりエンジン全開で杉山に襲い掛かる。ストロークラリーから完全にゲームを支配し、杉山のボールが少しでも甘くなればフォアからもバックからもエースを決めにくる。


Yahoo! Sports - Tennis - Photo - Kim Clijsters of Belgium acknowledges the crowd after winning her m...


バイディソワのインタビュー動画発見
「Player of the Day」のDay 5のページ、「Watch Nicole on USOpen.org's "Off-Court Spotlight"」ってとこがそうだ。
The US Open 2005 - Grand Slam Tennis - Official Site by IBM - News

誰が優勝するのか今のところまったく予想できん。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

[US2005]ハリケーン・カトリーナの余波

選手によるチャリティー活動なども開始。3日目の試合は強風により難しい試合に。


チャリティー&強風

”家が決壊”という言葉を始めて聞いたハリケーン・カトリーナの威力には言葉が出ません。

クイックニュース|ニュース 【テニス365 : tennis365.net 】

男子のプロ選手協会(ATP)と女子テニス協会(WTA)ツアーが合同で、サイン入りグッズを集めて大会中に行うチャリティー・オークションに協力する予定という。
 今大会を主催する全米テニス協会は米国赤十字を通じ、50万ドル(約5500万円)を寄付。会場を訪れる観客にも募金を呼び掛ける。

セレナは、サービスエース1本決まるたびに100ドルを寄付。

 女子の元世界ランキング1位、セリーナ・ウィリアムズ(米国)も「すごくショックを受けた」と言う。米プロフットボール、NFLの年間王者を決める「スーパーボウル」を観戦したニューオーリンズのスーパードームが避難所になっているからだ。すぐに独自の活動を開始。大会第3日、8月31日の試合からサービスエース1本につき、100ドル(約11000円)を寄付することにした。今シーズン終了まで続ける予定だ。


WOWOWの現地レポートいい仕事してます。
インタビュー全文掲載 - WOWOW TENNIS ONLINE

ビーナス:本当にひどい風だった。ひどかった。方向が定まらないんだもの。でたらめに渦巻いていたし。もっとひどかったかもしれないわね。分からないけど。そんな状況で試合を始めるのはすごく厳しかった。こういった状況だから少なくとも、ボールにいつもよりスピンをかけて、サービスを少し抑え目に、そしてファーストサービスを確実に決められるように努力した。あまり激しくやり過ぎないように、たけどもちろんいいショットを打って、積極的に前へ出るようにした。

このビーナスのインタビューは、彼女のテニスへの考え方が語られていてとてもよい。

シャラポワ:最初の数ゲームは、サービスの時速は69マイル(約111km/h)だったものね。ほんとにおかしな感じ。でもテレビで見ていた人はもっと奇妙な気がしたんじゃないかしら。だってテレビを見ている人たちは風が見えないんだから。見ていた人たちはきっと、初心者を見守っているような感じだったでしょうね。それも悲しいけど。
セレナ:サービスエース1回につき100ドル。年末までこれは続ける。だけどもしサービスエースがあまり決められないようだったら、ダブルフォルト寄付も始めなきゃならないかも。私はそんなにダブルフォルトもしないけど。

放送ではクライシュテルスが、「こんな天気のときは難しく考えないで、シンプルにやるのが一番ね」といっていた。


モレスモー容赦なし

4日目ナイトセッション
モレスモー(フランス・第3シード)vs. カラタンチェバ(ブルガリア)
は、インパクトのある紫のウェアのモレスモーが圧勝。

16歳カタランチェバをまったく寄せ付けませんでした。

実況アナ)コートを去るカラタンチェバに一言
遠藤愛)彼女には誰も持っていない未来、若さを持っているので、ハードヒットの中にもうひとつ上手さが加わればとてもいい選手になると思います。

公式レポート
Mauresmo Moves On With Quick Win Over Karatantcheva- Official Site


Yahoo! Sports - Tennis - Photo - Amelie Mauresmo, of France, reacts after beating Sesil Karatantchev...

浅越も勝ちました。

Yahoo! Sports - Tennis - Photo - Shinobu Asagoe, of Japan, reacts during her match against Evgenia L...


それにしても上位陣が好調すぎて、眠くなる今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

[US2005]白いセレナ、4万ドルのイヤリング

なんだかんだいわれてもセレナはセレナ。シャンデリアのような耳飾をつけてても。


それもまたセレナ

本日のナイトセッションはセレナvカスターノ。
セレナは白のウェア。褐色の肌に白が一際引き立ちます。

そして、耳には「$40,000 pair of platinum chandelier earrings 」まさにシャンデリアのようなイヤリング。

まあ、これにはメディアも難癖つけたくなるでしょう。

今日のニュース(詳細)|ニュース 【テニス365 : tennis365.net 】

「はっきり言って、私がテニス以外のことに夢中で、本業であるテニスをおろそかにしてると言われることにはウンザリしているの。もしそれが本当なら、今ここでプレーしていないしだろうし、レモネードでも飲みながら、ビーチで日焼けしているわよ。」

あ、試合は圧勝でした。

SI.com - Photo Gallery - U.S. Open Round 1 Begins

Serena Moves On, One Step Closer to Meeting Sister Venus - Official Site

とりまとめ

シャラポワ快勝、杉山も3回戦へ 【テニス365 : tennis365.net 】

試合開始時には風速14メートルにまで達していた強風で、ボールどころか自分までもが吹き飛ばれそうになっていたシャラポワは、「最近1~2キロほど体重が増えていたので助かった。」と話し、会場を沸かした。

Yahoo! Sports - Tennis - Photo - Maria Sharapova of Russia waves to the crowd after her match with D...

シャラポアはあまくないぜ
No Sweat: Sharapova Flies Past Randriantefy - Official Site

杉山も勝利
Yahoo! Sports - Tennis - Photo - Japan's Ai Sugiyama waves after beating Michaela Pastikova, of the ...


リー・ナに勝ったダベンポートのコメント
全仏オープンテニス - WOWOW TENNIS ONLINE

いい試合だった。今日の相手とはタフな試合になると予想しいていた。彼女については、色々いい噂を聞いていたから。最高に切れのあるテニスが出来たとは思わないけど、でもコートに立って、試合を勝って、先に進めることが本当に嬉しいわ。
 これ以上望めないほど体調はいい。実際、思っていた通りのトレーニングが出来なくて、厳しい夏だった。ボールも思っていたほど打てなかったし、試合もこなせなかった。だけど今大会に参加して、試合が出来て、大した痛みも感じていないということは、ものすごいボーナスなの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »