« [US2005]苦難を超えて、充実のとき | トップページ | [マリノス]事故のないように »

[US2005]彼女が彼女であった日

勝利への切実さと、なんともいえない切なさを凝縮した決勝戦だった。クライシュテルスがクライシュテルスであった日、それは5度目のグランドスラム・ファイナルでようやく優勝した日。


もう手がつけられない

ベテランの余裕といいますか、プレーにも気持ちにも”幅”が出てきたピアースが勝つと思った。
実際には、キムの切実な勝利への欲求(遠藤愛氏の言うグランドスラムチャンピオンへの飢え)の方が強かったということか。


試合中のキム・クライシュテルスは眼光鋭く、何があっても表情を変えない。
常に自分のペースでたんたんとゲームを進める。あきらかに違うところにいってる感じ。
素晴らしい集中力は、彼女のアスリートととしての能力の高さを十分に発揮させ、ピアースの強打を待っているかのように、コートを右へ左へ駆け回る。
攻守のバランスはよく、ときに稲妻のようなサービスエースが決まる。

ピアースも攻撃パターンをいくつか変えてみるが、粘ることは出来ても、今日のキムを打ち負かすことはできなかった。

今日のキムは対戦相手が誰であろうと同じテニスをして、同じ結果になったと思う。
彼女が今日戦った相手は、過去4度のグランドスラム・ファイナルで勝てなかった自分自身であったのだろうと思わずにいられない。

歓喜の瞬間

キムは、ネットを挟んでピアースと軽く抱き合ったあと、カメラマン席に飛び込み、観客席をよじ登り、なんと階段の手すりの鉄パイプの上を平均台を渡るように歩き、途中体勢を崩すが回りの観客に支えられてバランスをとりもどし、家族がいるボックス席に飛び込んだ。
あんな細い棒を、しかも上に向かって傾斜しているところを歩ける彼女のアスリートとしての能力の高さを試合後も見れるとは思わなかった。

家族、友人らと抱き合うキム。そのときカメラが映すのはピアースである。
椅子に座り、膝に体重を預けるように前屈みなり、顔の半分から下はタオルに埋めていた。
目は大きく開いていて、どこかを一点をずーっと見つめたままだった。


表彰セレモニーで、インタビューアはピアースに対して「素晴らしい試合をたくさんこなした、素晴らしい夏でしたね」と聞いたけれども、それはちょっとピアースには気の毒な質問じゃないのかな。
確かに彼女は素晴らしい試合をいくつもしたが、結局優勝は出来なかった。1位と2位は全然違うからね。2位で満足するようならここまでこれなかっただろうし。
ピアースも切実にここで優勝したかったはずだ。

キムはインタビューアからマイクを取り上げ、自分の気持ちをうれしさを噛み締めながら話した。

まずピアースに対して、
「私がもっと若かった頃、私は彼女にあこがれていました。
オーストラリアン・オープンで活躍している彼女を見ていました。
本当に決勝進出をおめでとうと言いたいのですが、
ものすごく努力してここまで来たことは理解しています。
今後もしのぎを削ってがんばっていきましょう。」
と、それをピアースはやさしい笑みで返していました。

そのあとスポンサーへの感謝の意、家族、友人、コーチらへの親しみのこもった挨拶。
観客と観客の中の国旗を持ったベルギー人らにも気持ちを述べる、完璧な拍手せずにはいられないスピーチでした。

女王となったキムには賞金110万ドルがなぜか100パーセントボーナス上乗せの220万ドルの賞金を贈られるというビッグな発表もありました。


実況アナの「プロですから賞金を獲得するということは当たり前ですが、キムはそれ以上のものを手にいれたのではないでしょうか」という、くさい言葉がなぜか心にすっと染みました。

解説の遠藤愛氏は、「私はおそらくクライシュテルスの4度のグランドスラム決勝をみていますが、今日が最もクライシュテルスがクライシュテルスらしくあった日でした」といった、輝けるコメントを残しました。


これで、今年のグランドスラムは全て違う女王で、全てシャラポアに勝ち抜いた選手が優勝したということになる。

誰も頭一つリードしていない、非常にハイレベルな中での戦いが行なわれている女子テニス界である。

|

« [US2005]苦難を超えて、充実のとき | トップページ | [マリノス]事故のないように »

「テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/5898787

この記事へのトラックバック一覧です: [US2005]彼女が彼女であった日:

« [US2005]苦難を超えて、充実のとき | トップページ | [マリノス]事故のないように »