« [AUS2006]奇妙な決勝戦の真相 | トップページ | [パンパシ]2006年型ディメンティエワ »

[マリノス]春よこい

各チームの補強も落ち着き、Jの日程も発表され、そわそわしてきた今日この頃。


これからも続く

移籍の話しとなると自然と補強をイメージするのだが、今オフのマリノスは移籍によって人材の流出。レンタルじゃなくて完全移籍。

今の主力選手の次の世代のマリノスの中心となるであろう(なってほしい)選手たちが移籍してしまった。
これは非常にショック。
ジュビロは世代交代に苦労したが、昨シーズンは若手が力を発揮し、今シーズンは怖い存在になってきた。
マリノスが目指すのは常勝で、今シーズン優勝できればいいというもではないはず。

しかし、控えに甘んじている選手の気持ちは、そうそうフロントの都合のいいようにはならない。止められなかったということか。

選手はチームを変えられるが、サポーターはそういう分けにはいかない。
2年後、3年後のチームはどうなってしまうのだろうと不安になる。


グレイトな補強

全豪オープンに集中していたら、吉田孝行を獲得していたのか。
これは個人的にとてもビッグニュース。

元フリエの選手が帰ってきた!!!

吉田といえば忘れられないのは、本当に最後となった試合、天皇杯の決勝での決勝ゴール!!!
あれほど重みのある、いろんな人の気持ち-存続・奇跡・有終の美-をのせたゴールは他に無い。

レシャック監督の時に3トップの右サイドをやっていて、その3トップが一向に機能しなくて、吉田がぽつんと一人たたずんでいる姿が、なぜかとても印象に残っている。

ハユマと坂田もフリエの出身だが、当時は彼らはユースだった。
今度は立場が逆転。彼らはスターティング・メンバーで吉田は控え。
でも、大島と同じように、効果のある補強だと思うよ。

吉田をメチャメチャ応援しちゃうぞ。

|

« [AUS2006]奇妙な決勝戦の真相 | トップページ | [パンパシ]2006年型ディメンティエワ »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/8498972

この記事へのトラックバック一覧です: [マリノス]春よこい:

« [AUS2006]奇妙な決勝戦の真相 | トップページ | [パンパシ]2006年型ディメンティエワ »