« Jリーグに行こうぜ | トップページ | 暴力だけが俺たちのアイデンティティ »

今年はアイスコーヒーでいこう

水出し珈琲ポット、なるものを買ってみた。ほんとに簡単にアイスコーヒーが作れる。


ホットかアイスか

コーヒーは好きで、できれば毎日飲みたいところ。
できれば、というのは缶コーヒーはまったく別の飲み物だ。
ドリップしたてのコーヒーが一番だ。

夏でも、涼しい部屋でホットのコーヒーというのが俺のリラックスタイム。

が、しかし、

HARIO 水出し珈琲ポットセット


なるものを見つけてしまった。

挽いたコーヒーと水をポットに入れておけば、次の日にはアイスコーヒーができているという。

1980円でコーヒー豆600gもついてくるというし、買ってみた。

3日後の昼前に届き、早速、梱包をとき、15分後には、ぎこちなく説明書どおりにコーヒーと水をポットに入れて冷蔵庫に入れた。夜にはアイスコーヒーができてた。
飲んでみると、コーヒー豆の量など調整の余地は感じられたものの、うまかった。
普段ホットで飲んでいる、そのものの味だった。
(コーヒーはセットについてきたものではなく、普段使っているもので試した)

豆の種類、挽き方、分量によって、ホットよりもはっきりと味に違いが出ることがわかった。


ポットの仕組みは簡単で、お茶の急須と同じ仕組み。
筒状の入れ物にコーヒーを入れる
ポットに水を入れ、コーヒーの入った筒をポットにセットし、蓋をする。
筒は水は通すがコーヒーの粉は通さない、フィルターで出来ている。

洗うのも簡単。ただし、フィルターは破けやすそうなので注意。

おそらくこの繰り返し使えるフィルターが、肝なのだろう。

便利なものが出来たもんだ。

今年の夏は、アイスコーヒーにはまってみよう。

|

« Jリーグに行こうぜ | トップページ | 暴力だけが俺たちのアイデンティティ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/10665485

この記事へのトラックバック一覧です: 今年はアイスコーヒーでいこう:

« Jリーグに行こうぜ | トップページ | 暴力だけが俺たちのアイデンティティ »