« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の4件の記事

[US2006]杉山の50、浅越の10そしてラスト

調子いいじゃん杉山。浅越はああ今大会で引退することを表明。がんばれよ日本人選手。

出だし好調

杉山の1回戦の相手は、チェコのオンドラシュコバ。金髪で長い髪、ヘソだしのウェアでシルエットはバイディソワかハンチェコバ。
どちらもスカイブルーのウェアでした。

杉山はグランドスラム50回連続出場という鉄人ぶり。
まあ、あっけなく敗退していくこともありましたが、今回は非常に期待できる。

体のキレが素晴らしく、軽快な動きと経験値の高さを感じさせる試合運びで完勝!

杉山 愛 2【6-1 6-0】0 ズザナ・オンドラシュコバ

1ゲームしか落とさず快勝 50回連続出場の杉山 - テニス365 | tennis365.net

ラストマッチ

浅越は、今大会が始まる前に引退することを表明。少しでも長く彼女のプレーを見たいところだったが、1回戦で敗退。10年の現役生活でした。

エレナ・コスタニッチ 2【6-4 7(7)-6(4)】0 浅越 しのぶ
思い通りのプレーできず 浅越、有終の美飾れず - テニス365 | tennis365.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[US2006]微妙な判定にビデオシステム導入

テニスの全米オープンでついに導入。ライン際の微妙なジャッジを大画面で観客と一緒にリプレーを見るんだ。


その名はチャレンジシステム

INかOUTか、テニスのボールの弾道を肉眼で追うのは非常に困難。
審判の判定に疑問をもった選手は「チャレンジ」と言って、リプレーを見ることができる。
リプレーは競技場に設置されている-通常スコアなどが表示されている-巨大スクリーンに表示されるため、選手、審判、観客、全ての人が見ることができる。
INかOUTかそれぞれの立場で祈りながらリプレーを見て、ため息かうれし声かを洩らすのである。

リプレーといっても、映像がそのまま流れるわけではなく、ボールと弾道、ラインがCGで見事に再現され、実映像よりもわかりやすく表示される。最後にINかOUTかをコンピュータが判断して表示する。

このCGの再現技術はホークアイと呼ばれ、TV中継では何年か前から使われていた。

その他細かいルールを
グランドスラムでも遂にビデオ判定導入|タケゾウ日記|スポーツナビ+
から引用。

  • どの選手にも1セットにつき、2回のチャレンジが与えられる。
  • 判定が覆った場合、チャレンジを要求した選手は、また2回のコールが可能となる。
  • 判定が覆らなかった場合、要求した選手のチャレンジの権利が1つ減る。
  • タイブレークでは、1セット2回のチャレンジとは別に、それぞれの選手に1度だけチャレンジの権利が与えられる。
  • チャレンジの権利は、次のセットには繰り越されない。

審判に異議を唱えるのはよくないことと、されていたため、ゲームが中断することは少なかったが、これからは、堂々とゴネられるので相手の集中力を削ぐため、といったような使いかたをされるかもしれない。


とりあえず、サッカーを始め他の競技でも非常に気になるこのシステムがどのように使用されるのかを見守りたい。

誤審に泣くこともあったし、誤審に笑うこともあった。これがテニスさ、これがサッカーさと、何度と無く聞いた言葉だが、果たして審判のジャッジを覆すことができるというのは正か否か。非常に気になる。


ただし、巨大スクリーンが無いとなりたたないシステムなので、同じ大会でもコートによってはチャレンジシステムが使えたり、使えなかったりするという、全体的にはいい加減なシステムである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鞄を買ったんだ

ビジネスバックを買った。また10年以上使うぞ。通勤で満足感に包まれている今日この頃。


俺の鞄

鞄を買った。
職場で何人か買い換えたので、あらためて自分の鞄を見てみると。
あまり気にしていなかったが、今まで使っていたやつは傷だらけで、十分に働いた感じがした。
15年くらいは使った。


ちょっと怖かったけど通販で買ってみた。
鞄を扱っているショップ、しかも安く。それを探して実際に行ってみて価格を比較して。。。というのをリアルのショップでやるには、面倒だったので。

鞄を買う上でのポイント


  • 自立すること。鞄を床に置いたときにバタンと倒れるのはダメ
  • 軽いこと。鞄自信が重いのはダメ
  • 納品が早いこと。注文が込み合っていて、「○週間待ち」とかはね。欲しいのは”今”ですから

こんなところか。

楽天でかるく検索してみると、いやー女性用の鞄・バックの多いこと。
女が、いくつもバックを持っているのがようやく分かった。
俺はビジネスバックを10年は使うぞ!という意気込みで買うのにたいして、女性用のバックは、それこそ日替わりで使ってみたくなるな。

楽天の検索のトップに出てくるような、ショップの鞄はたいがい、「○週間待ち」だった。確かにかっこいいし、買ってみたいと思う。しかし、今欲しいんだよなあ。
で、順番に一つ一つみる時間もないので、適当に、ほんとに適当に検索結果の何ページ目かを開いて、ぐっと来る品を探した。

そして見つけたのがこれ、
バッグ.雑貨工房wish.K 

雨にも強い!鞄工房の社長が自ら欲しいバッグをカタチにしたこだわりづくしの「ビジネスバッグ...雨にも強い!鞄工房の社長が自ら欲しいバッグをカタチにしたこだわりづくしの「ビジネスバッグ進化形」。ボビー/トラッドブリーフ


商品到着

まず、送られてきた箱がでかい。商品が傷つかないように、緩衝材がたくさん入っているのだが、これらゴミの処分が大変。

商品の第一印象

思ったよりもソフト
もう少し、固い素材かと思ったが、ふにゃふにゃでソフト。
これで何の支えもなくて立つのかなあと、思って実際に床に置いてみたが問題なし。


アイボリーを買った。画面ではもっと白い印象がしたが、実際は茶に近い感じで、ちょうどよい色具合。かなりGOODです。


皮の部分の色といい、匂いといい、とても上質な感じ。

通販で商品を手にするまでは、とても心配だったけど、正解と言うか当たりというか、大きな満足感でした。


使ってみて

裏地の縞々がチラッと見えるところがとてもセクシー。
全体的に女性が持っててもおかしくないデザイン。

今のところ不満は一つ。
ファスナーでの開け閉めなので、片手で開け閉めできないこと。
いちいち両手を使わなくてはいけないのが難点。

それぐらいかな。

なんとなく眺めてしまうお気に入りの鞄となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[マリノス]背中をぐいっと押してやりたい

いっこうに勝てない。目にする話題はオシムと千葉ばかり。マリノスはけが人ばかり。


とりとめともなく


ブログは更新していなかったが、ザスパのホームゲームにはボランティアに行き、それ以外でいけるときは日産スに行ってる。

最後に日産スに行ったのは、久々勝利の新潟戦だった。
これで波に乗れるかと思ったのだが。。。

ワールドカップの興奮を、気持ちの高まりをそのままマリノスに持っていきたかった。


勝てないの原因は、選手にあると思っている。
パスをミスするのも、シュートが枠にかないのも監督のせいじゃない。
でも、それだけじゃない。セレッソ戦の、あのバラバラさは。

もう選手には「優勝」は消えていたんじゃないか。

なんて、推測はどうでもいいや。

今日の試合も勝利を祈るしかない。

来月は、3試合ほどいけそうだ。停滞しているマリノスの背中をぐいっと押してやりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »