« 鞄を買ったんだ | トップページ | [US2006]杉山の50、浅越の10そしてラスト »

[US2006]微妙な判定にビデオシステム導入

テニスの全米オープンでついに導入。ライン際の微妙なジャッジを大画面で観客と一緒にリプレーを見るんだ。


その名はチャレンジシステム

INかOUTか、テニスのボールの弾道を肉眼で追うのは非常に困難。
審判の判定に疑問をもった選手は「チャレンジ」と言って、リプレーを見ることができる。
リプレーは競技場に設置されている-通常スコアなどが表示されている-巨大スクリーンに表示されるため、選手、審判、観客、全ての人が見ることができる。
INかOUTかそれぞれの立場で祈りながらリプレーを見て、ため息かうれし声かを洩らすのである。

リプレーといっても、映像がそのまま流れるわけではなく、ボールと弾道、ラインがCGで見事に再現され、実映像よりもわかりやすく表示される。最後にINかOUTかをコンピュータが判断して表示する。

このCGの再現技術はホークアイと呼ばれ、TV中継では何年か前から使われていた。

その他細かいルールを
グランドスラムでも遂にビデオ判定導入|タケゾウ日記|スポーツナビ+
から引用。

  • どの選手にも1セットにつき、2回のチャレンジが与えられる。
  • 判定が覆った場合、チャレンジを要求した選手は、また2回のコールが可能となる。
  • 判定が覆らなかった場合、要求した選手のチャレンジの権利が1つ減る。
  • タイブレークでは、1セット2回のチャレンジとは別に、それぞれの選手に1度だけチャレンジの権利が与えられる。
  • チャレンジの権利は、次のセットには繰り越されない。

審判に異議を唱えるのはよくないことと、されていたため、ゲームが中断することは少なかったが、これからは、堂々とゴネられるので相手の集中力を削ぐため、といったような使いかたをされるかもしれない。


とりあえず、サッカーを始め他の競技でも非常に気になるこのシステムがどのように使用されるのかを見守りたい。

誤審に泣くこともあったし、誤審に笑うこともあった。これがテニスさ、これがサッカーさと、何度と無く聞いた言葉だが、果たして審判のジャッジを覆すことができるというのは正か否か。非常に気になる。


ただし、巨大スクリーンが無いとなりたたないシステムなので、同じ大会でもコートによってはチャレンジシステムが使えたり、使えなかったりするという、全体的にはいい加減なシステムである。

|

« 鞄を買ったんだ | トップページ | [US2006]杉山の50、浅越の10そしてラスト »

「テニス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16506/11690635

この記事へのトラックバック一覧です: [US2006]微妙な判定にビデオシステム導入:

« 鞄を買ったんだ | トップページ | [US2006]杉山の50、浅越の10そしてラスト »