« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の2件の記事

[ザスパ]風は強く冷たく、それでも倒れるなよ

開幕して0得点5失点勝ち点1。まあ勝ち点が取れているので「まずまずの出来」といっていいでしょうか。

球春だね

開幕戦が国立でヴェルディが相手という、素敵なシチュエーション。 前日に横浜に行き、翌日に国立行くという嬉しい日程でした。 クレイジーにあったかい陽気で、スピーディーに失点。開始して1分以内だぜ。 ただ、前半通してみれば、以外に走ってたし、以外に粘ってた。 ヴェルディの運動量は少なく緩慢で、相手を舐めてんのか、そういう体質なのか。 ザスパのペースとなった時間帯に得点できなかったのが、痛いし敗因。

後半3分というこれまた早い時間に失点して、ジ・エンド。
あとは何点とられようがゴールを取りに行って、失点を重ねるだけ。
捨て身になってたった一つのゴールもなかったのが悲しい。
土屋のディフェンスは流石でした。


ホーム開幕戦

台風かそれ以上の強風に見舞われた敷島。ピッチを囲むスポンサーの看板も倒れるほど。
真剣に、強風による試合中止ってのも考えたほうがいい。
看板やダンマク、大旗などは予測できない動きで、人に危害を与えるのではないかと思える。

ホームで徳島に勝てない、ゴールも無い。そして、観客は2634人という少なさ。
チームは集客をどう考えているのか、あまりにもすくな少ない。

【J2:第2節 草津 vs 徳島 レポート】ゲームの主役は「風」。上州名物「空っ風」が猛威をふるった試合は、スコアレスドロー [ J's GOAL ]


この先、永遠に続いて欲しいクラブに俺ができること、
今年もボランティアのスタッフとしてサポートしていこうかと。
近所でボールを蹴ってる子供たちが、みな将来はザスパでプレーしたいと言う。
そういうチームなって欲しいなと思うのである。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

[マリノス]攻撃的にいくということなので

と、中澤が言ってますな。それはもうとってもいいことです。シーズン始まってもワクワクより、不安感がただよう今シーズン。


球春だね


3月3日の開幕戦は、日産スに着いたときには試合が始まっているという失態。
今年もよろしく日産スタジアム、などと感慨にふける間もなく、ゲートをくぐると歓声が聞こえてきた。通路から見えたスタンド内の様子は明らかにゴール!。近くにいたボランティアのスタッフの数人が小さくガッツポーズ。こういうサポートの仕方もある。

席に着いたときは、山瀬のドリブルがスクリーンに映し出されていた。
この日結局ゴールシーンを生で見ることが出来ず。

甲府のアタッキングサッカーの滑らかさと迫力に呆然。
マリノスは最初の20分くらいだけ。あとは、まあまだ発展途上というか手探りなんだなと。ただ、気持ちは伝わってきた、昨シーズンより。

錯綜する横浜ダービー

昔の横浜ダービーは行った。フリューゲルスのサポとして。
好きだったチームが消えちまった。悔しさより、放心状態だった。心が空っぽ。
アツや永井がマリノスに行ったので、マリノスを見に行くようになった。
俺はマリノスのサポと言うようになるまで随分と時間がかかった。

で、今シーズンから横浜ダービー復活である。名前だけだろう、そう思いたい。
好きな選手の山口がJ1に帰ってきた。そして横浜FCの選手としてマリノスと闘う。
ハユマはマリノスか。
この横浜ダービーをどう見ればいいのか。しかも三ツ沢でだ。

グズグズしている間にチケットが売切れてくれたので、今回は行かないことにした。

でも、次からは行く。どう考えても横浜FCはフリューゲルスではない。
どう考えても俺はマリノスのサポーターだし。


試合結果は、これ以上に無い残念な結果に終わった。
もう1敗である。
今シーズンは優勝を目指すチームではないからいい?まずは内容重視でいこうか。

8000円の青春18切符買ったので、4月まで行けるだけいくぞ日産スに。

[ J's GOAL ]News & Report
●中澤佑二選手(横浜FM):

「満員でやるのは初めてだったので、いい雰囲気の中でサッカーができて幸せでした。相手のダイさん(奥)は、運動量が多く、タツさん(久保)も常にゴールを狙っている姿勢があり、ディフェンスとしては嫌だった。今日はシュートを16本も打って入らなかったが、F・マリノスのサッカーは攻撃的にいくということなので、それを目指して練習して行きたい。次の神戸戦に向け、頭を切り替え、引きずらないようにしたい」

| | コメント (0) | トラックバック (3)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »