カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の44件の記事

楽天でベーグルを買ったんだ

それはクリームチーズだよ

ベーグルはうまい。タリーズのベーグルサンド ブルーベリー は大好きだ。

地元のパン屋さんを何軒か見てみたが、ベーグルを売っていないので通販で買ってみた。
選んだのはここ
エルクアトロギャッツ(ベーグル・カヌレ・スコーンの専門店。手作りにこだわります)

買ったのはこれ
【楽天市場】送料無料 もっちりベーグルとSweetクリチのセット♪満腹満足山盛り届くよ:ベーグル屋 エルクアトロギャッツ


クリームチーズが入っていたことにより、冷凍で届いた。
ベーグルやスコーンが個別包装されたうえで冷凍されていました。
そのまんま全部冷凍庫に入れて、食べたいときに好きなだけ解凍して食べられます。

お昼に会社で食べようというときは、朝、出かける前に冷凍庫から出して自然解凍で昼には食べられます。

トースターで軽く焼くとまた味が変わっておいしく食べられる。

食べてみると、もっちりとしていて中味がぐっと詰まってる感じ。見た目よりもボリュームあり。そして、うまい!

こんなに買って食べきれるかな、と思っていたが、家族のもんがあっという間に食べちまった。
これは毎月買ってもいいかなと。我が家の定番になりそう。


弟はクリームチーズをアイスだと思って、まるまる1カップ食べちまった。

おいおい、それはクリームチーズだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽事情、ナップスターの使い心地

CreativeのZEN MicroPhotoで定額制のナップスターを使用中。軽くレビューなど。


あの猫のマークが嫌い

CDを買って、PCで音楽ファイルに変換して、MP3プレーヤー(ZEN MicroPhoto - The Creative Online Store)にファイルを転送するってこの一連の作業もめんどくさくなってきて、せめてネットで音楽ファイルを買ってしまえば、少しは楽になるかなと。

で、浮上してきたのがナップスターの定額制。
以前検討したときはナップスターのアプリがOSをXPじゃなきゃだめだったので、見送ったのですが、今は2000とXPのデュアルブートにしたので、ナップスターを使ってみた。

定額制音楽ダウンロード・音楽配信サービス - Napster Japan
ヘッドホンをした猫のマークは嫌いです。


専用アプリ


まずはナップスターにアカウントを作る、選択したコースはPCでもMP3プレーヤーでも聞き放題、ダウンロードし放題の「Napster To Go」。
3つのコースの違い|定額制音楽配信サービス ナップスタージャパン

通常は7日間のトライアル期間。Creativeの製品なら、クーポンコードを入力して14日間のトライアル期間
Japan.Creative.com - Napster Promo Page

アカウント作ったら、専用アプリをダウンロードしてインストール。

このアプリが、使い勝手が微妙。タブ式ブラウザーになれていると、タブ機能が欲しいところ。複数のアーティストの情報を見るときに、非常に不便。

このアプリで、アーティストや楽曲の検索ができ、曲を聞くことができる。
PCにダウンロードもできるし、PCにダウンロードせずに直接ZENにダウンロードできる。

これは便利。


どんな曲があるのか

まず、和物はほとんどない。ヒットチャートにでてくるようなアーティストはない。
洋物狙いなのでその辺はいいのだが、洋物も新曲は少ない。
どちらの場合も、個別に購入することにより聞く・ダウンロードすることは可能。

でも、2004年くらいのアルバムならダウンロードできるので、聞き逃してたもの、気になっていたけど購入までいたらなかったアルバムなどをダウンロードしてます。

CDを買うと1ヶ月くらいはそのCDを聞いていたので、1度アルバムをダウンロードすれば1ヶ月は持つのですが、あまりにも簡単に1つのアルバムをダウンロードできるので、聞く時間が足りないというか、あまりダウンロードしないようにしている今日この頃。

1980円は安い!


同期が必要


ある日突然、ZENで曲が聞けなくなった。元がCDのファイルは聞けるがナップスターからダウンロードした曲が聞けない。
PCにZENを繋げて、専用アプリで”同期”ということをやらないといけないようだ。
ようは、ライセンスの更新。ということは、ナップスターを解約すると、ダウンロードした曲は聞けなくなるようだ。


その他の機能


他のユーザーとコミニケーションできる(まだ使ったことは無い)。
プレイリスト。タワレコの人とか、アーティストがお勧めの曲を選んだプレイリストを聞ける。まあ、まずまずの機能です。
チャンネル。例えばマドンナ・チャンネルを選ぶとマドンナの曲をランダムに再生してくれる機能。ダウンロードできない曲も再生される。たまに使いますね。


ミュージックライフ

最近のPCでの音楽の楽しみ方は、大きく2つの方法から選択している。
ナップスターのプレイリストとチャンネルと、
そしてLast.fmです。
聞きたい曲やアーティストが絞れるときはナップスター。
もっと大きいジャンルでのくくりで聞きたい場合はLast.fm(英語版)。

気に入った曲はナップスターでZENにダウンロード、外出するときはZENを持ち出して通勤の車の中、サッカー観戦の電車の中、ジムでトレーニングしながら音楽が聴いているという充実のミュージックライフを過ごしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽事情、ipod風プレーヤーを車に載せて

ついに始まったデジタル・ミュージック・ライフ。もう車に大量のCDはいらない。


近くて遠い車内での再生

PCでCDをリッピングして、音楽ファイルをipod風プレーヤーなZENに転送。

ZENをカーステで聞くには、FMトランスミッターが必要。

FMトランスミッターはこれを購入。
audio-technica:製品情報 AT-FMT8

FMトランスミッターをシガーソケットに挿入。
ZENのイヤフォンジャックにトランスミッターのコードを接続。
トランスミッターのスイッチをON。
ZENの電源をONにして再生。
トランスミッターの周波数とカーステのFMの周波数を合わせると。

聞こえる?うーーん、かすかに。

カーステのボリュームを上げると、聞こえてきた。
普通の音量で聞くには、ボリュームをCDの倍以上にしないと聞こえない。

小さい。

そこで、ZENのボリュームを上げると、おお、いい音が聞こえてきました。

音質は
・予想よりもノイズは少ない
・やはり、あくまでもFMの音。直接イヤフォンで聞くよりもかなりしょぼい

音量は
カーステの音量の数値を基準にすると、CDは音量を8くらいにしていつも聞いている。
それと同程度に聞けるようにするには、倍くらいに。
<カーステ音量の参考値>
CD:8 / 感度の悪いFM局:10 / ZEN+トランスミッター:12

このとき、ZENの音量はというと、イヤフォンで聞くときはメモリを5くらいにしているが、トランスミッターを使って車内で聞くときは20くらいまでに上げる必要がある。

あまりカーステの音量をあげると、ノイズが目立つのでZENの音量を上げるといい。
しかし、ZENの音量を上げるとバッテリーの消費が大きくなる、とその辺の調整が微妙ですな。

カーステに外部入力の口があればすむ話なのに、わざわざFM電波に変換して、車外のアンテナで受信して初めてカーステで聞けるようになる。
カーステの下のシガーソケットにはFMトランスミッターがあるのに、近くて遠い再生方法。

周波数は
FMトランスミッターの周波数は88.1から88.9までを選択可能。
周波数をあわすのはデジタル表示なので、簡単に希望の周波数に合わせられる。
でも、出力はアナログなので88.1で送信しても、カーステの受信周波数が88.2でも聞こえる。
もちろん送信も受信も同じ周波数にすることが一番ノイズが少ない。

実際に何度か走行中に混信して、知らない曲が流れてきたことはあった。

問題は
ZENの操作性で、いちいちディスプレーを見ないと操作できないので運転中は危険。
リモコンを購入予定。

音質は、良くも悪くも電波状態のいいFM。欲を言えばきりがない。
まあ満足してます。

新しいミュージックライフが始まった。

audio-technica:AT-FMT8の
楽天安い順リスト

航海中・・・: 音楽事情、ipod風プレーヤーの使い心地

| | コメント (0) | トラックバック (2)

音楽事情、ipod風プレーヤーの使い心地

一度動いてしまえば快適なipod風プレーヤー、いい音だすじゃないか。ZEN microphotoのプチ・レビューです。


テクノロジーの小箱

経緯はこちらを参照
航海中・・・: 音楽事情、iPOD風プレーヤーが動くまで

「ZEN microphoto(8GB)」の前のバージョンの「ZEN micro(5GB)」のレビュー。容量が違うだけなので参考にした。
ITmedia ライフスタイル:長時間駆動重視のユーザーに最適の1台――「Zen Micro」 (1/3)
レビュー:「Creative Zen Micro」は「iPod mini」を超えたか AV&ホームシアターNews

今のところの感想

BAD(-_-)
-ディスプレイ表示がバッテリ節約のため10秒で消えるが、それを知らなくて、バッテリが充電されてないためと思い、ずーと充電してた
-キータッチが敏感すぎて画面を見ないと、操作できない
-音楽ファイルの転送は専用のソフトでしかできない
-FMの感度は悪い。AUTOSCANで2局しか登録されなかった。普通その倍はある。

GOOD(^_^)v
+音がいい。PIPOと比べてこんなに違うのかと。ZENのイヤフォンをPIPOにつなげると、格段にいい音になった。
+軽くて小さい
+プレイリストがつくれる
+ランダムではなくシャッフルで再生できる
+液晶表示は綺麗

レビューするほど、まだまだ使いこなせてないです。なのでプチ・レビュー。

まずは、プレイリストで再生ができれば用は足りるので
画像ビューアーは使っていない。

キー操作は、設定で感度を落としているが、なかなか慣れない。

マニュアルは、基本的なことが書いてある小さな冊子が一つ。
それの詳細版となるPDFが入っているが、用紙の設定が小さな冊子と同じ設定で、印刷しずらい。
小さな冊子とはCDケースの大きさ。
CDケースの大きさの用紙など普通はないので、PDFを開いてテキスト選択で先頭から最後までを一気にコピーして、MSのWORDに貼り付けて、会社で両面印刷した。

プレーヤー側でのプレイリストの作成で、
"あらかじめ作ってある再生中でないプレイリストに、再生中の曲を追加する"
ということはできないようだ。
(再生していない曲を、再生しているプレイリストに追加する
 ということはできる)
曲を聞きながら分類できないのは、ちと残念。

バッテリーは、フル充電でサッカー観戦のため、電車に往復4時間ほど乗ったので聞き続けたところ、メモリが一つ減っただけでした。
まあ、新品ですからね。充電繰り返していったときにどれくらい持つのかがポイント。

全体的には、
デザイン ☆
操作性 △
音 ☆
価格   ☆ ・・・約2万円
といったところで、いい買い物でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽事情、iPOD風プレーヤーが動くまで

買ったら商品が使えないってのは、非常に腹立たしい。箱を開けてから1週間後にようやく使えるようになった。

挫折~WinXPオンリー

ZEN microphotoを買った。
航海中・・・: 音楽事情、ipod風プレーヤーを買った

PCからZENに音楽ファイルを送るには、専用ソフトのインストールが必要。
早速、付属CDからインストールしてみたら、、、、、

WindowsXPではないからインストールできません

だと。

いや、確かに対応OSはXPって書いてあったけど、動作保障はしないけどWin2000でも動くんじゃないの?
なんて思ってた。

違った。

がっくし。

CDの中にはいくつかのフォルダにsetup.exeがあったので、それらを実行してみたが、ことごとくOSのチェックをされて、何一つインストできず。


トライ~仮想の中で

負けるもんかと、何か手立てはないかと考えると、Virtual PCにXPを入れればいいのではないかと気づいた。
会社で、XPにVirtualPC+LINUXで快適に動いたのを思い出した。

VirtualPCはMSから無料でダウンロードできる。
Microsoft Virtual PC 2004
XPはライセンス認証があるので、友人から安く譲ってもらった。
痛い出費だ。この調達に2・3日かかった。

VirtualPCにXPをインストールすると、、、インストールがなかなか終わらない。
異常に重い。
3時間以上かけてようやくインストールが終わった。
翌日、ついにXPに、ZENに付属のソフトをインストール。
できた、、、インストールできた!
うれしかった。
だが、とにかく重い。ボタン一つ押すと、30秒くらいまたなくては。

そんなんでもとりあえずZENで音楽を聴いてみたい。
用意は整ったのでZENをいよいよUSBケーブルに接続!

あ、あれ?エラーだ。。。

泣きながら寝て、翌日。
よくよく調べてみたら、どうやらVirtualPCのゲストOSではUSBデバイスを認識できない、と。

あああ。


トライ~共存


聞きたい、買ったばかりのZENで音楽を聞きたい。

次の手は、デュアルブート。
最近のハードディスクは容量が無駄に多いので、活躍の場ができた。
Windows 2000 がセットアップされたコンピュータに Windows XP をセットアップし、両方を使用できるようにするには

最初からこうすればよかったと思いながら、ディスクを整理し、パーティションを空けた。
そこにXPをインストール。流石に小1時間で終わり、起動してみると。
ああ、字がでかい。。。そうか各種ドライバのインストール。
2000で起動しなおしてドライバを入手。
XPで起動しなおしてドライバをインストール。

そして付属のソフトをインストールして、いざ、ZENをUSBにつなげると。。。
また、エラー。。。
どうやらUSB1.xとしては使えているけどUSB2.xとして使うには、別途ドライバが必要だと。
うううう。そのドライバはMSのWindowsUpdateで入手できるというので、Updateをかけると案の定、重要な更新パッチが死ぬほど出まくる。

ここは体制を立て直すことにした。
そもそもXPがSP2ではないので、SP2にして、パッチを全部当てて最新の状態にした。

長い道のりだった。
使えたよ。ようやく。ZENをUSBケーブルにつなげたら、ZENの画面が「ドッキング」とかって表示になった。

デュアルブートといってもWin2000とXPだから、ファイルシステムは同じ。
共有の設定とかしなくても普通に2000のCドライブも使えるので音楽ファイルの転送は問題なかった。

まとめると
ZEN付属のソフトでないと、ZENにファイルを転送できない。
(単にUSBメモリとして使うのであれば、付属ソフトがなくても使える)
付属のソフトはWinXPに対応している。
俺のPCはWin2000だった。
デュアルブートにしてXPをインストールした。
という、最初からXPだったら何の問題もない話でした。

最近は対応OSがWinXPと限定して書いてあるソフトを見るようになった。
別に事務作業にネットをやるくらいで、XPにする必要はないし、ましてVistaなんて。

でも技術が洗練されていくのなら、大歓迎。
しかし、無駄な肥大化は勘弁して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

音楽事情、ipod風プレーヤーを買った

ついにポータブル・デジタル・プレーヤーを買った。周囲にはめんどくさいのでipod風な奴を買ったんだと説明している。


小さな巨人たち

PIPOは容量などのいくつかの点で、今の音楽事情に合わなくなってきたので、2機目を検討していたが、ついに購入に踏み切った。

航海中・・・: 音楽事情、MP3プレーヤーPIPOのその後

条件に当てはまるものはそれほど多くない。検討の対象に入る機種は少なかった。

メジャーどころは嫌いなので、ipodはない
軽くて、安くて、プレイリストが作れる
動画は見ないので不要

そこで浮上したのが、「CreativeのZEN V PLUS」の4GB。
ZEN V Plus - 1.5型カラーディスプレイ搭載のスモール & スタイリッシュなプレーヤー


近所のヤマダにいったらその商品は置いてなく、コジマに行った。
そしたら全体的に売り場自体が小さく商品が少ない。コジマ、、、しょぼかった。
結局お目当てのものはなかった。がっかり。

いったん家に帰ったものの、買おうと思って店に行った時点で、購入欲はMAXに達していた。
悩んだ挙句、もう一度ヤマダに行って、予定よりも上位機種の
ZEN MicroPhoto
を購入!

還元されたポイントを考慮すれば2万円弱。
なぜか、ACアダプタがおまけでついてきた。
おまけなのか抱き合わせ販売なのかは微妙。
ZEN Micro 用ACアダプター

ZEN MicroPhotoは、軽くて8GB。色はグリーン。

実際手にとって見ると、こんな小さくて8GBか。。。
技術の進歩の速さに驚きます。


買いに行って思い知らされたのは、ipodの人気と関連商品の多さ。
すごいね、SONYなんて売り場も極小だし。
イヤホンやFMトランスミッターもipod以外のものでも使える製品も"ipodに対応"と大きく書いてある。


そしてそして、
俺の買ったZEN microphotoは、残念な事情により、すぐには使えなかった。
涙涙である。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽事情、HMVダウンロード

HMVで音楽ファイルの購入&ダウンロードができるようになった。使い勝手は悪いですね。


残念なIE6オンリー

last.fmがお手軽で、PCで音楽を聴くことはほとんどなかったのですが、最近はTVを消してPCで音楽流してます。
航海中・・・: 音楽事情、日本語版ラストFMは始まったばかり

でも、last.fmはあくまでもラジオであり、ピンポイントで聞きたい曲が聞けない。
いい曲があったら「Love」ボタン押しますが、もう一回聞くことはできない。
あくまでも「Love」された曲から、個人の"お好み"、"趣向"がわかるだけで、リクエストできるわけではない。

last.fmからリコメンドされる曲が"趣向"に合ってくるだけだ。

リコメンドやタグから"趣向"にあった曲が流れてくるので、知らない曲でも十分に楽しめる。

お!と思った曲をせめて購入できればと思うのだが、そういう機能今のところない。

そんなおり、HMVダウンロードがスタートしたということで、早速使ってみた。
とりあえず、1曲だけ買って、PCでの再生とポータブルプレーヤーでの再生がうまくいくかをやってみた。

HMV Japan - Digital Download

1.購入(2006/10/28)
 ・サイトが重い。ログイン前も後も
 ・商品は購入できたがダウンロードできない。ダウンロードボタンを押しても反応なし
 ・環境はWin2000/Firefox1.5で何度やってもだめなので、サポートセンターにメール

2.ダウンロード
 ・翌日、サポセンから回答があり要約すると、
  「IE6でセキュリティレベルを確認してトライしてくれ、それでもだめならウィルスチェックを無効にした状態でトライしてくれ」
  とのこと
 ・IE6でウィルスセキュリティを無効にしてやってみたがダメ。反応なし
 ・再度サポセンにもうキャンセルしたいとメール。

3.ダウンロード
 ・その翌日に回答があり要約すると、
  「お客様の注文を確認し、同様の操作をしたが問題なくダウンロードできた」
  「キャンセルしますか?」
  ということなので、もう一回IE6でウィルスセキュリティを無効にしてやってみたらできた。

4.再生
 ・PCでの再生はRealPlayerで普通にできた
 ・ポータブルプレーヤーには、「Harmony」というプラグインを入れることにより転送できた
 ・ポータブルプレーヤーでも再生できた!
 ・WinXPとMediaPlayerを使わなくてもできた。MSが好きでないので、これはよかった
 ・HMVのサポセンには、なんとかダウンロードできたので、キャンセルは不要。でも、もう使わないよ。とメール。


感想
うーん、開始当初だから仕方ないのか、サイトが重くページの更新に時間がかかりすぎ、それが原因かダウンロードできたりできなかったり、不安定だった。
また、字が小さい。
IE6しかサポートしないのならそう書いてほしかった。
(今は商品をショッピングカーとに入れたあとのページに書いてある)

スタイルとしては、漠然と曲を売るだけでなく、HMVリコメンドといった名前で10曲くらいをテーマに合わせてピックアップしてあるので、面白いと思う。

参考
2000年の記事
【INTERVIEW】過剰なディスカウントは危険――HMV(前編)
【INTERVIEW】ダウンロードと再販――HMV(後編)

2004年の記事
藤本健のDigital Audio Laboratory|第157回:RealNetworksのDRM互換技術「Harmony」を試す
~ iPod以外のプレーヤーにAACが転送可能に ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽事情、日本語版ラストFMは始まったばかり

音楽SNSのLast.fmってかなりいいかも。と思ったが、日本語版は大がっかり。英語版はいけてる。


これは何だろう

Last.fm - The Social Music Revolution

ITmedia News:音楽SNS「Last.fm」日本版がオープン
日本の音楽業界を変えるか--Last.fmが日本進出 - CNET Japan

こういった記事を見て、無料ということで早速利用してみた。

普通に日本語のHPで、ユーザー登録し、アプリをダウンロード。
インストしたら、HPのほうに「さあ、あなたの好きな曲をいつものように聞いてください・・・」みたいなメッセージが出てる。

うん?
WindowsMediaPlayerで、適当に再生してみる。。。
いやいや、これってFMラジオでしょ?なんで俺が音楽を発信するんだ?
そういう機能があるのはわかるが、まずは無料で音楽を聴いてみたい。

どうやら日本語版でできないのは、音楽をダウンロードということだと思っていたが、そうでなく、ラジオとして聞くことすらできないのだと、俺が誤解していたことに気づく。
ということは、ラジオとして聴くことが出来ないFMということだ。何だこりゃ。

他人とコミュニケーションはとれるが、人が進めてくれた曲は自分でCDを買うとか他のサイトからダウンロードしないと聞けない。
大がっかり。

英語版は強い

では、Last.fmのHPの下段にある「English」をクリックして英語表記にしてみると、なんと上段のメニューアイコンに日本語版にはなかった「Listen」というアイコンが出現。

そこをクリックすると、タグが表示された。選んだら、なんと日本語版のアプリからも音楽が再生された!
わお。

しかし、気に入った曲のときに押す「Love」のボタンはあっても、聞きたくないときに押す「Ban」ボタンがない。気に入らない曲を延々と聴かなければならない。

そこでHPを英語表記のまま英語版のアプリをダウンロードした。(事前に日本語版はアンインスト)

やはり英語版のアプリには「Ban」ボタンも「Skip」も「Stop」ボタンがある。

英語版アプリに表示されたタグを選んで「Play」ボタンを押す。
わお。快適。
がんがんに曲がかかってくる。


自分好みのFM?車の中では聞けないので、自分好みの有線放送って感じ。
しかも無料。

まだ使いこなせてないが、使い込んでみたいと思う。
今はPCで音楽を聴く習慣がないが、もしかしたらそれも変わるかも。

セキュリティの不安は残るけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽事情、定額配信Napsterは

もうCDはいらない?非常に興味をそそられるNapsterに加入すべきか検討してみた。

今回は見送り

Napster Japan ナップスタージャパン - 定額制音楽配信150万曲
月2000円以下でダウンロードし放題ってのは魅力的。
毎月CDを1枚買うよりはあきらかに安い。
もちろん、品揃えによりますが。


ITmedia +D モバイル:タワレコが自宅にやってきた――「ナップスタージャパン」を試す (1/3)

本サービスでは3つの購入方法を提供している。定額制に対応し対応ポータブルオーディオプレーヤーへの転送も可能な「Napster To Go」、定額制に対応はするがダウンロードしたPCのみでのリスニングとなる「Napster Basic」、既存サービスと同じくファイル(楽曲)単位の販売である「Napster a la carte」だ。


早速加入しちゃおうかと思ったのです。
しかし、PCでダウンロードして、MP3プレーヤー(この言い方は古いので、以下ポータブルプレーヤーと呼ぶことにする)にファイルを持っていくには、難関がある。

「Napster To Go」で対応しているプレーヤーが限られており、俺のは含まれていない。
対応しているプレーヤーを購入したとしても、「Napster To Go」を使うにはWindowsXPに限られると。

Win2000を使っているので、だめですね。
OSまで買い換えるつもりはない。


PCでしか聞けないものにお金を払うというのは考えられない。
最近は車や、電車での移動などのときにしか、音楽を聴かないので。

というわけでNapsterはあきらめた。

タワーレコードよりはHMVが好きなので、HMVの音楽配信を待とう。

HMVジャパンが10月末に音楽配信サービス「HMV DIGITAL」を開始 - CNET Japan

| | コメント (0) | トラックバック (1)

音楽事情、MP3プレーヤーPIPOのその後

MP3プレーヤーを約1年半使った感想。かなりいい。しかし、上には上がいる。


使い込むほど

PIPOを使ってきました。
便利な世の中になったものです。軽いし、音とびしないし。
単4電池1本というバッテリーも手軽でよい。1本で12時間前後はもつでしょうか。

PIPO-256
航海中・・・: もう当たり前?MP3プレーヤーを買ったんだ

曲はPCでCDをMP3のファイルにし、PIPOをUSBに直付け。
後は通常のUSBメモリにファイルをコピーするのと同じ操作。

MP3に変換するにはRealOneを使う。
Real.com - RealOne Player
大容量ファイルをコピーするにはこれ。
A-1 DRIVE -Software / Fire File Copy

使うのは主に、スポーツジムか、日産スタジアムに行くときなどの電車の中。

最初は半分くらいの容量を仕事で使うファイルの持ち運びに使っていたが、音楽ファイルを多く入れたいために、仕事用には普通のUSBメモリを購入した。
今は、完全に音楽ファイルだけが入っている。

256MBなのでCDが4-5枚程度入る。MP3を128Kで。
これだけあれば十分で、なぜ世の中に40GBとかの容量が必要なのかと思っていた。
しかし、使っていると、出かける前にいちいちPCを起動して、ファイル作ったりコピーしたりが面倒になってくる。

ジムでトレーニング中に聞く曲と、電車で移動中に聴く曲は違うものだ。
トレーニング中にバラードやJazzっぽいものはちょっと。。。

そうなると、もっと大容量でプレイリストなどがつくれるMP3プレーヤーが一つあればいいのではと思えてきた。

そうすれば、車の中にもCDをたくさん持ち込まないで、MP3プレーヤーだけを持っていけばいいのだ。
(MP3プレーヤーの出力をFMでとばすやつにつなげればいいので)


さらに、CDを購入する必要もないのかなあ、と思えてもくる。

特にNapsterの定額コースには非常に触発される。

今後の展開

MP3プレーヤーの購入は検討を始めた。
ただHDDは結構重いね。
iPODは軽いけど、ありふれている。あれは売れるだろうな。


音楽配信も検討中である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧